エレクトロに最適なウェーブ・シェイピング・シンセサイザー・プラグイン「Z3TA+2」発売開始!

DTM 新製品情報
cakewalk SONARに収録されていたことでもお馴染みのプラグインシンセ「Z3TA+」の単品販売が開始されました。

ウェーブシェイピングと呼ばれる方法で生成される独創的なシンセサウンドで、EDMなど現代のダンスミュージック、エレクトロミュージックの作成に最適なソフトシンセです。

zeta_007
▲新しく追加された「Factory Content」と、これまでにも収録されていた「z3ta+ Classic Content」の2つがあります。

zeta_000
▲それぞれの音色は、カテゴリーごとに分類されています。

zeta_001
▲音色の絞り込みも容易です。この「Epic Trance」は、まさにEDMで使われるSAW WAVEの音色といった感じ。

zeta_005
▲文字列による検索も可能です。

zeta_008
▲独創的なX-Yパッドコントローラを備えており、リアルタイムな演奏にも使えそう。

zeta_009
▲アルペジエーターも豊富に用意。MIDIデータとして、トラックにドラック&ドロップ可能。

「Z3TA+」は、VST/AU形式のプラグインです。WINDOWSだけでなくMACのDAWでもAUのプラグインとして立ち上げ可能です。またパッケージにはライセンスカードが封入されており、ソフトウェア本体はダウンロードとなります。

この新作「Z3TA+」では、6基のウェーブシェイピングオシレーター、6基のLFOが搭載され、相当深い音作りが可能。
ウェーブシェイピングならではの音色の広がり、楽曲制作に取り入れてみてはいかがでしょうか?

【TASCAM / Z3TA+2 】
■発売日:2015年11月26日
■価格 :12,000+税

buy_now

Social

Tweet