モデリング音源を搭載したステージピアノ|NAMM2016・ブースレポート - Physis Piano -

NAMM SHOW 2016 トップページ1 特集
「Physis Piano」というモデリング音源を搭載したステージピアノを発見しました。

CaIvigKVAAA15IK

CZgog7LUEAEZhkU
▲モデリング音源を搭載したステージピアノです。

CZgohALUsAEleI5
▲鍵盤はアイボリータッチ。

CaIvigLVAAElKwp
▲ボタン、ノブ、スライダーなどがなく、タッチパネルで操作します。

CZgogpvUcAA2DTz
▲デザインもとてもスタイリッシュです。


CZgotGoUsAA3m5q
▲こちらはアップライトタイプ。

CZgotJAUsAAdnU3
▲こちらは木製鍵盤です。

CZgotHuUcAAx7Sv
▲蓋を閉じると見た目はアコースティックピアノそのもの。


弾き心地もサウンドも申し分なく、上級者でも納得のクオリティだと思います!

「Physis Piano」は、Viscount(バイカウント)というアコーディオンやクラシックオルガンで歴史あるイタリアのメーカーのピアノブランド。日本では、ヤマハが輸入元となっていましたが、このシリーズの展開は未定とのこと。

低価格でも表現力が高いステージピアノが年々リリースされますが、筆者個人的には、V-PianoやPianoteqのような物理モデリングは割としっくりくる方です。

キーボーディストの皆様、いかがでしょうか!?

Social

Tweet