メディア・インテグレーション、大阪発のモジュラー・シンセサイザー・ブランド「REON」の国内代理店業務を開始!

シンセサイザー トップページ1 新製品情報 特集
「Waves」「Apogee」「Spectrasonics」など、ハード・ソフト問わず、数々のDTM・レコーディング機器の輸入事業を行うメディア・インテグレーションが、2016年2月3日(水)より、大阪発のモジュラー・シンセサイザー・ブランド 「REON」の国内代理店業務を開始することを発表しました。

「REON」は、制御不能なまでに暴れる=ドリフトするシンセdriftboxシリーズを主軸に、厳選されたパーツでハンドメイドされる独創的な製品をリリースし続ける国産メーカー。国内外のシンセ・マニアからの評価は高く、入手困難なシンセとして知られれいます。

展開モデルはこちら。

」20160202_reon_driftboxs_2_l
▲driftbox S:シンセサイザー 制御不能なまでに暴れる=ドリフトするシンセが生み出す唯一無二のサウンド

20160202_reon_driftbox_R_Limited_0_l
▲driftbox R:シンセサイザー ドリフトするクロスモジュレーションとエンベロープで、幅広く変化に富んだ音作りが可能な完全アナログ2VCOシンセサイザー

20160202_reon_driftbox_SE_l
▲driftbox SE:シンセサイザー 過激な変化を起こす“drift”スティックを搭載した、4ボイス-8パラフォニック・デジタルシンセサイザー

20160202_reon_driftbox_J_l
▲driftbox J:ジョイ・スティック 入力されるオーディオ信号を二つのジョイスティックでシーケンスする、driftboxシリーズ初のVCA・CVコントローラー

20160202_reon_driftbox_R_Limited_0_l
▲driftbox R_Limited:シンセサイザー ドリフトするクロスモジュレーションとエンベロープで、幅広く変化に富んだ音作りが可能な完全アナログ2VCOシンセサイザー


少量生産につき供給は限定的で、欠品などがあると納品までに数ヶ月かかってしまうことがありますが、主要楽器店への流通が始まり、身近に触れられる機会が増えそうです!





メディア・インテグレーション サイト


Social

Tweet