あのFM音源の名機を完全再現|KORG「volca FM」を国内発表!

NAMM SHOW 2016 シンセサイザー トップページ1 新製品情報
NAMM SHOW 2016で参考出品されていたKORG「volca FM」が国内でも正式発表されました。



b3773bb133b4062103d9807e45bb300c

FM音源の名機をサウンド・エンジンを完全再現し、互換性を備えた3ボイスのデジタルFMシンセサイザー。6オペレーター、32アルゴリズムによる完全な互換性を備え、ヤマハ社DX7の音色フォーマットであるSYS-EX/SYXファイルを取り込んで活用することも可能です。
volca独自のインターフェイスにより、FM音源の理論を知らずとも簡単に音作りでき、誰でも特長的なFMサウンドに触れることができます。またvolcaの特色ある16ステップ・シーケンサーは、WARP ACTIVE STEPやPATTERN CHAINなどの新機能によってさらに強烈なリズム・パターンを作り出すことが可能になっています。

1e23b800dfee7982cbf3a307b9abc214

【特徴】
■強力なFMシンセシス・完全な互換性を備えた、3ボイス・ポリフォニックFMシンセサイザー・FMのサウンド・エディットを容易に・コーラス・エフェクト搭載
■進化したvolcaシーケンサー・パラメーターをオートメーション可能な16ステップ・シーケンサー・複雑なパターンを作り出すWARP ACTIVE STEP、ARPEGGIATOR、PATTERN CHAIN
■高いプレイアビリティ・2台のvolca fmをシンク接続してクローン化・どこでも使えるコンパクト・サイズ、電池駆動、内蔵スピーカー

namm2016_korg_11

新製品が同時に発表され、やや「VOLCA FM」の存在が埋もれがちでしたが、実にインパクトのある製品!初回入荷数が僅少となる可能性がございますので、ご興味があるお客様は仮予約をおすすめいたします。

■NAMM SHOW2016:ブースレポートKORG

【仕様】
【鍵盤部】■マルチタッチ27key鍵盤【シンセサイザー】■タイプ:FM音源 ■発音数:3 ■構成:6オペレーター、32アルゴリズム ■プログラム数:32 ■主なエディット:Modulator(Attack、Decay)、Carrier(Attack、Decay)、LFO(Rate、P.Depth)、Algrtm エディット・モードではオペレーターごとに各パラメーターをエディット可能 ■コントロール:Transpose、Velocity、Octave、Arp(Type、Div) ■アルペジエーター・タイプ:9(Rise、Fall、Random ×各3)■ボイス・モード:Poly、Mono、Unison【エフェクト】■Chorus【シーケンサー】■パート数:1 ■ステップ数:16 ■記録パターン数:16 ■コントロール:Motion Sequence、Active Step、Warp ActiveStep、Pattern Chain、Metronome【入出力】■オーディオ出力:ヘッドホン(3.5mm ミニ・ジャック) ■シンク:シンク・イン(3.5mm ミニ・ジャック、最大入力レベル 20V)シンク・アウト(3.5mm ミニ・ジャック、出力レベル 5V)2台のvolca fmをシンク接続して音源プログラム/シーケンス・データをエクスポート可能 ■MIDI:MIDI IN ヤマハ社DX7の音色フォーマットSYS-EX/SYXファイルをコンバージョン・ロード可能【電源】■電池寿命:約10時間(アルカリ乾電池使用時) ■電源:アルカリ/ニッケル水素 単3形乾電池 x 6本、またはACアダプターKA350(別売り)【その他】■付属品:動作確認用単3形アルカリ乾電池 x 6本、シンク・ケーブル、エディット・パラメーター・リスト ■別売アクセサリー:KA350(ACアダプター) ■外形寸法:193(W)x 115(D)x 40(H)mm(ツマミ高さ含む)■質量:360 g(電池含まず)

【KORG / volca FM】
■発売日:2016年3月27日(日)
■価格 :13,500円+税

buy_now

Social

Tweet