予定価格600万円!?|SENNHEISER 新製品「HE-1」発表会@ニコラス・G・ハイエックセンター

PA機器 イベントレポート
ここは、東京・銀座。

he1 (2)

あいにくの雨の中、4月28日、ニコラス・G・ハイエックセンター 14階イベントホールにてSENNHEISER の新製品ヘッドホン「HE-1」の発表が行われました。

he1 (3)
▲「HE-1」。土台のアンプ部、真空管、ヘッドホンとケースが一体化されている。

1991年、200万を超える価格でありながら限定300台が即完売したという伝説のヘッドホン「Orpheus」の後継機にあたる「HE-1」。10年以上の歳月を経て、ゼンハイザーのトップクラフトマンが作り上げた「世界最高のヘッドホン」です。再生帯域は、8Hz~100kHz。素材のすべてが選び抜かれたものを採用しています。

he1 (4)
▲アンプ部のハウジングはイタリア製の大理石を仕様。

he1 (6)
▲真空管が8つ。

he1 (5)
▲ヘッドホンにもアンプが2基内蔵されているそう。


そして、販売予定価格がなんと、5万ユーロ。2016年4月28日のレートで、約620万円!!

気になるサウンドですが、とにかくすごい。音の分離が良いのは当然、歪みがなく、耳元の立体感が明らかに違いました。感覚的な表現になりますが、設備の整ったスタジオのラージモニターで、レコーディングしたての音を聞いているような感覚、といえばいいでしょうか。まるでヘッドホンの音ではない様でした。

「コンサートホールにも負けない素晴らしいサウンドを響かせるハイエンドヘッドホンを作ろう」というゼンハイザーの情熱に圧倒されます。

完全ハンドメイドで受注生産の予定。日本での販売方法やオーダー方法も未定で、この試作機(と言ってもほぼ完成だそう)も「春のヘッドホン祭り」で登場後、また世界の発表会イベントにに旅立っていくようです!

SENNHEISER HE-1、一聴の価値ありです!




Social

Tweet