使い方はあなた次第!話題の衝撃作『ZOOM ARQ』まもなく発売開始!

DJ シンセサイザー 特集
leadImage_ARQ-2.png

NAMM SHOWでも話題になっていたZOOMの新製品『ARQ』がついに発売開始します!リズムマシン、シーケンサー、ワイヤレスコントローラー、いろいろ詰まったとにかくすごいヤツです!!

 



 

まずはこちらの動画を!!側面をたたいたり、本体のハンドルのような部分を押すと音が出ています!

 



電球を楽器のようにいじってみてるようで面白い!!フィンガードラムをMPCやMASCHINEなどを使ってパフォームする人は多いですが、新たなパフォーマンス方法を見出せそうです!この動画からですと左がキック、右がスネア、本体上部がハイハットになっていますね。

以下メーカーサイトより。

音楽は発見の旅。そして今、ARQ Aero RhythmTrakでその遥か先へ。

これは単なるドラムマシンではない。シーケンサーであり、シンセサイザーであり、
ルーパーであり、加速度センサーを内蔵した楽器であり、そして何よりも“自由”だ。
音楽を自在に操るBluetooth® MIDIコントローラーを掴んでDJブースを飛び出せば、
オーディエンスの目前でのパフォーマンスが可能に。

クリエイションのすべてを塗り替える、ARQ Aero RhythmTrak。


うーん、想像力をかきたてられる商品ですね!!!
世界的に人気のSTEVE AOKIがよくDJブースを飛び出して「観衆の海」でボートに乗るパフォーマンスをおこなっていますが、DJの際のパフォーマンスでこの機材をタンバリンのように使うことで、ブースから飛び出してお客さんに向かって音楽のリズムに合わせてハンドクラップをさせるパフォーマンスなんかもできるかなと!

zoom_ARQ_heroSlant_mid_0

音源はまさにそんな大型フェスにも対応できそうな

EDM(Electronic Dance Music)サウンドを中心とした多彩な音源を搭載するベースステーション(AR-96)と、着脱可能なMIDIコントローラー(AR-96c)。
ARQ Aero RhythmTrakは、2つのパワフルなユニットから構成されています。

 

 



 

こちらがシーケンサーのデモ動画!指でなぞったところの音がドラムのステップシーケンスで鳴っています。AR-96ではベース音が鳴っていますね。

 



 

この動画も見て下さい!ベースステーション(AR-96)から引き離して、MIDIコントローラー(AR-96c)を傾けてエフェクトをかけています。

コントローラー内蔵の3軸加速度センサーで、サウンドやエフェクトをリアルタイムにコントロール。揺すったり、傾けたり、回転させることで、ARQ内蔵エフェクトのパラメーターを変化させたり、Mac/iOS上のDAWソフト等にMIDIコントロールチェンジを送信することが可能です。

ライブでARQを振り回すパフォーマーが出てきそうですね!この近未来感、すごいですね!

主な特長はこちら。

・ドラムマシン、シーケンサー、シンセサイザー、ルーパー、コントローラーを1台に凝縮
・468種類のPCM波形と70種類のシンセ波形を持つパワフルなサウンドエンジン
・最大5系統のエフェクト(インサートFX、グローバルフィルター、ディレイ、リバーブ、マスターFX)を使用可能
・着脱式コントローラーは、手持ちスタイルでパッド演奏を魅せるパフォーマンスが可能
・96個のベロシティセンス/アフタータッチ対応パッドと160個のフルカラーLED
・握った位置のパッド演奏を無効にする、グリップエリア設定
・3軸加速度センサーにより、コントローラーの傾きや動きでエフェクトパラメーターを制御
・シーケンサーのREC/PLAY/STOP、エフェクトのON/OFF操作ボタンを装備
・1つのインストゥルメントを複数のパッドにアサインし、パッド入力を容易にするパッドスプリットモード
・各パートの音量、ミュート、ソロ操作が可能なミキサー機能
・シーケンスの入力に便利なプリカウント、クオンタイズ、スウィング、ビート設定
・外部オーディオをキャプチャーし、ループ作成できるステレオ入力端子
・内蔵パターン/ソング、SDカード上のWAV、外部オーディオからループ作成可能
・最大96個のモノまたはステレオループを作成でき、最大16種類のモノループを同時再生可能
・ループのスタート/エンドポイントは手動で設定可能
・ループのテンポ同期、ピッチ変更、リバース再生が可能
・最大16ボイスの同時発音数
・ノイズジェネレーター/インサートFX/フィルター/アンプ/ミキサー/モジュレーション/エンベロープジェネレーターを内蔵
・音色に音階を付けられるKEYレイアウトモード(多様なプリセットスケールから選択可)
・パッドのベロシティ/アフタータッチ/加速度センサーの感度調節が可能
・テンポ同期に便利なタップテンポボタン装備
・パッド演奏時のLEDアニメーションを5タイプ用意
・オーディオ出力端子と別系統の、専用ボリューム付きヘッドフォン端子を装備
・USBポート、SDカードスロットを装備
・長時間の連続使用が可能な低消費電力のBluetooth LEを採用

本体購入時、ARQ Aero RhythmTrakには、以下のアイテムが同梱されています。

・ベースステーション(AR-96)
・リングコントローラー(AR-96c)
・ACアダプタ(AD-14)
・取扱説明書
・Ableton Live Lite (ダウンロード・ライセンス)

気になる発売日は、、6月30日発売予定!!!
価格は67,500円税込み!
御茶ノ水本店でも予約開始しました!!

この商品の面白いところは、何かっぽい、ということが一切無く、完全にオリジナルなところ。こんなリズムマシン、見たことないです!まさにARQという新たなジャンルをZOOMが作ってしまいました!!

もし自分が使用するなら、DJの最中にパフォーマンスとしてAR-96のドラミングでMCと絡めて使ったり、外部の音をキャプチャーしてサンプラーとして使用したり、

キーボーディストならステージでの2台目の音源として、音色に音階をつけてギタリストのようにソロパフォーマンスを動きながらやるなど、これはいろいろな可能性のある商品だと思いました。

使い方はユーザーさん次第。オリジナルの使い方を編み出して欲しい楽器、ZOOM AR-96

お問い合わせは是非イシバシ楽器御茶ノ水本店デジタルフロアまで!!

この記事を書いた人

今宮 吉国
御茶ノ水本店SOUTHデジタルフロア担当。御茶ノ水本店SOUTHデジタル部門の責任者でもある。当店スタッフでありながら現役DJ、PRODUCERとして活動中。シンセ、DJ、PA、DTMなどデジタル機材全般に精通し、製作者、現場ならではの意見をお客様へ提供できる数少ないスタッフであり、皆様のニーズに合った機材を探すお手伝いをさせて頂きます。

Social

Tweet