M-AUDIO、ヘッドホン端子を2基搭載のポータブル・ヘッドホンアンプ「Bass Traveler」を発表!

PA機器 新製品情報
M-AUDIOから発表された「Bass Traveler」は、ステレオミニジャックのヘッドホン端子を2基装備したヘッドホンアンプ。

bass-traveler-1

コンパクトなボディに、ボリューム調整つまみと2段階に切り替え可能な低音ブーストスイッチを装備し、豊かな音量とタイトな低音を提供します。

bass-traveler-2

充電式バッテリーを搭載、フル充電で約8時間の動作が可能です。

bass-traveler-3

携帯音楽プレーヤーやコンピューターからの出力をより高音質なサウンドに変えることができます。

◆何故ヘッドホンアンプが必要なのでしょう?
携帯⾳音楽プレーヤーやコンピューターのヘッドホン出力は、様々な制限により、使用するヘッドホンによってはインピーダンスのマッチングが取れずに、音量や音質が物足りなく感じることがありますが、ヘッドホンアンプを使用することで、それらの制限を取り払い、音量や音質を劇的に改善することができます。Bass Traveler は、ボリューム調整つまみと2段階(FLAT(オフ)/M/H)に切切り替え可能な低音ブーストスイッチを装備し、インピーダンス16〜~100Ωの多くのヘッドホンで、豊かな音量とタイトな低音を提供します。更に、ヘッドホン端⼦子を2基搭載していますので、ヘッドホンを2セット接続して二人で同時に⾳音楽を楽し
むことができます。

【特長】
●ヘッドホンを2セット接続可能な、充電式ヘッドホンアンプ
●約8時間の動作が可能な、リチウムポリマーバッテリー搭載
●電源オン、充電状態、Lowバッテリーを表示するLED
●リモコン付きイヤホンが使用可能な、4極(TRRS)対応ステレオミニジャックのヘッドホン端子を2基装備
●電源スイッチ兼用ボリューム調整ロータリーノブ
●2段階(FLAT(オフ)/M/H)に切り替え可能な低音ブースト・スイッチ
●16〜100Ωのヘッドホンに対応
●充電用のマイクロUSB端子
●4極(TRRS)対応のステレオミニ入力端子

【仕様】
●最大出力:約250mW(16Ω)
●対応インピーダンス:16〜100Ω
●S/N比:> 90dB(A-weighted)
●端子:4極ステレオミニ端子のヘッドホン端子 x 2、4極ステレオミニ入力端子 x 1、充電用マイクロUSB端子
●電源:リチウムポリマーバッテリー(フル充電で約8時間動作可能)
●サイズ:約45 x 47 x 16mm(W x H x D・ノブ含まず)
●重量:約29g

【M-AUDIO / Bass Traveler】
■発売日:2016年7月23日(土)
■価格 :3,222円+税

buy_now

Social

Tweet