ACBテクノロジーの結晶!Rolandの新たなAIRA「SYSTEM-8」発表!

DTM シンセサイザー トップページ1 トップページ4 新製品情報
独創的な世界観でミュージックカルチャーそのものをリデザインしているRoland AIRAシリーズに、ベロシティ対応49鍵キーボードを搭載した8音ポリフォニックのアナログモデリング「Plug-Out」シンセサイザー・SYSTEM-8が加わります!

SYSTEM-8 TOP

SYSTEM-1の基本デザインを踏襲しながら、オシレーター部分の波形とフィルターのバリエーションが追加されており、よりダイナミックな音作りに対応できます。
内蔵エフェクターもEffect、Reverb、Delay/Chorusの3系統それぞれのパラメーターに個別のツマミが割り当てられコントロール性が向上。

アナログシンセ特有の経年変化をシミュレートする「CONDITION」といったユニークなパラメーターも用意されています。

SYSTEM-8SS

また、ポリフォニックステップシーケンサーを新たに搭載し、リアルタイムでの入力や演奏性、他のAIRAシリーズとの同期演奏への対応力が更に増しています。

SYSTEM-1のシンプルさと比べると多少覚えることは多くなりますが、ツマミとフェーダーとスイッチに埋め尽くされたパネルという「アナログシンセ」然としたデザインにも帰依している趣深く、また重要な部分でもあります。

SYSTEM-8PO

ACBテクノロジーで再現されたJUPITER-8とJUNO106のサウンドが本体のPlug-Outスロットにプリロードされているのも大きなポイントです。(プリロードされるJUNO-106は2017年のSYSTEM-8アップデートによりリリース予定)
SYSTEM-8本体の音色とPlug-Outスロットに読み込まれたサウンドをレイヤーして鳴らすことができ、ポリフォニックステップシーケンサーと組み合わせて使うこともできるので、これまでにない複雑なサウンドテクスチャーを作り出せる可能性を秘めています。
Plug-Outのサウンドライブラリーについては既発のSH-2やPROMARSに加え、著名なアーティストたちがサウンドデザインを手がけたライブラリーなどの展開も予定されている模様ですので、今後のアナウンスが楽しみな要素のひとつですね。

SYSTEM-8SIDE

ACBテクノロジーという独自の切り口からアナログシンセサウンドを追究したSYSTEM-8。

他のAIRAシリーズとのシステム構築はもちろん、Rolandのクロスオーバーシンセ・JD-XAと並べて使ってみるのも面白そうです!

【Roland/SYSTEM-8】
■発売日:2016年9月下旬
■価格 :148,000円+税

buy_now

Social

Tweet