KORG VOLCA KICK座談会に参加してきました。

DJ DTM スタッフ座談会 店頭スタッフがご案内!
御茶ノ水本店デジタル担当の今宮です。
先日、イシバシ各店デジタルフロアスタッフで行われた、KORGの新製品、「volca kick」の座談会に参加してきました!

!cid_42398D6D-E973-422D-962D-3F17F916311F

15分くらいにわたり、だいぶゆるい雰囲気ですがw 3人で「volca kick」の魅力を語っています!

今宮はDANCE MUSIC(特にHIPHOP)好き、池袋店 山口はテクノ好き、渋谷店 鳴尾はロックやボカロ好きという三者三様の3人です!座談会の模様はこちら!!

座談会の様子はこちら!


ちなみにこの日、3人ともはじめて「volca kick」を見て、触って5分くらいでこの動画を撮影しました。しかし、操作性がとってもよく、説明書など読むことなく、簡単に操作できました。

動画でも語っていますが、DANCE MUSICを制作するときに、どうしてもキックの音を足したくなる衝動というか。自分も音楽制作をするさい、3つくらいキックを足して、そこから抜き差しをしていく作業をしたりすることが多く、この「volca kick」はアドオン音源としてとても魅力的だと思いました。

キックの音が気持ちよいと、フロアから離れたくなくなる感覚になるのですが、ダンスミュージックを制作するさい、やはり肝になってくるのは「コシのあるキック」なのかなと思います。

この「volca kick」、だいたい手のひらサイズくらいですが、MS-20前期型の強烈な発振音を軸にした音源を採用していてこれがかなり強力です!

ちなみに「kick」とうたっていますが、フィルターをかけると「ベース音源」にもなります。

16ステップシーケンサーを駆使しつつ、カット、フィル、ブレイクを作り出すTOUCH FXを使ってリアルタイムのパフォーマンスも可能!もしDJやライブなどにこの「volca kick」を織り交ぜたら、かなり強力な武器になるのでは!?

MIDIもついているので、他の機材とシンクもできます。

PITCH部分だけつまみが大きくなっていて、思わず回したくなる感じです!

発売が10月23日ということで、

VOLKA1

さっそく御茶ノ水本店にも展示しました!在庫分は即日完売だったため、ただいま次回入荷分を予約受付中です!


御茶ノ水本店では、KORGのMINILOGUEとシンクケーブルで接続し、MINILOGUEのシーケンスを走らせると「volca kick」のアツイキックサウンドが鳴るように設定しています。

是非、音を聴きに来て下さい!

bdbf2b557bd38c4c50752dee4d288bc2_pc

KORG「volca kick」のご予約はこちらから!!

この記事を書いた人

今宮 吉国
御茶ノ水本店デジタルフロア担当。御茶ノ水本店デジタル部門の責任者でもある。当店スタッフでありながら現役DJ、PRODUCERとして活動中。シンセ、DJ、PA、DTMなどデジタル機材全般に精通し、製作者、現場ならではの意見をお客様へ提供できる数少ないスタッフであり、皆様のニーズに合った機材を探すお手伝いをさせて頂きます。

Social

Tweet