ローランド、USBオーディオ・インターフェースの新シリーズ『Rubix』を発売

CES2017 DTM NAMM SHOW 2017 トップページ1 新製品情報
ローランドは、パソコンやiPad、iPhoneに接続して、本格的な音楽制作や高音質でのライブ録音、ネット配信などを可能にする「USBオーディオ・インターフェース」を、さらに使いやすくデザインも一新した新製品『Rubix』シリーズを2017年2月下旬より順次リリースすると発表しました。

rubix

今回発売する『Rubixシリーズ』は、「UAシリーズ」で高い評価を得た高音質、低ノイズ、低レイテンシーなどの基本性能を引き継ぎ、使いやすさをさらに追求したローランドのUSBオーディオ・インターフェースの新製品。入力端子と出力端子の数の組み合わせにより、『Rubix44』(入力4/出力4)、『Rubix24』(入力2/出力4)、『Rubix22』(入力2/出力2)の3モデルが発売される予定です。



見やすいインジケーター、過度な入力を防ぐコンプレッサー/リミッターを搭載。ドライバー・インストールも軽減


comp

正面、上からのどちらからも音声入力の状態を確認できる視認性の高いレベル・インジケーターを採用。『Rubix44』『Rubix24』には突発的な過度の入力に対応するコンプレッサー/リミッターを各マイク入力に装備。安心の録音環境を提供します。また、当社独自のドライバー技術により、『Rubixシリーズ』では初期設定時に、煩わしく失敗しがちなドライバーのインストール作業をも軽減しました。

PC/Mac/iPadに対応し、パソコンでの本格的な音楽制作からiPadを使ったモバイル・レコーディング、マルチメディア、インターネット配信まで、さまざまな状況でお使いいただけます。さらに、録音/ライブ/制作用と幅広い用途で人気の音楽制作ソフト「Ableton Live Lite」のライセンスを付属しているので、買ったその日から安心して音楽制作を始めていただけます。

24bit/192kHzに対応、新開発の高品位プリアンプ搭載


micpre

『Rubixシリーズ』は、ハイレゾ・クォリティーの24bit/192kHzの入出力に対応しつつ、高いコスト・パフォーマンスを実現したUSBオーディオ・インターフェースです。広いダイナミック・レンジと低ノイズを実現した新開発のマイク・プリアンプを搭載。24ビットのA/Dコンバーターの組み合わせにより、クリアで伸びのあるサウンドを実現します。入力端子はXLRコンボ・ジャックを採用。ダイナミック・マイク、コンデンサー・マイクだけでなく、ギター、ベース、オーディオ・プレーヤーなど、さまざまな機器を接続することができます。また、シンセサイザーなどの電子楽器の接続にも便利なMIDI入出力端子も搭載しているので、柔軟性の高いパソコン・オーディオ環境を構築できます。

徹底した低ノイズ設計。メタルボディ、インピーダンス・バランス出力、グラウンド・リフトに対応


rear

本体は堅牢で高級感のあるメタルボディを採用。安心して持ち運ぶことのできる頑丈さはもちろんのこと、ノイズの原因となるパソコンなどから発生する電磁波を遮断します。また、全出力にインピーダンス・バランス型出力回路を採用し、ステージ上のケーブルなどから侵入するノイズを軽減することができます。さらに全出力端子にグラウンド・リフト機能を搭載することにより、グラウンドループによるノイズを遮断することができます。細部にわたる低ノイズ設計により、楽器やソースが持つ繊細なサウンドをそのまま録音/再生することが可能です。


【Roland/RUBIX22】
■発売日:2017年6月23日(金)
■価格 :16,500+税

buy_now


【Roland/RUBIX24】
■発売日:2017年7月28日(金)
■価格 :22,050円+税

buy_now


【Roland/RUBIX44】
■発売日:2017年7月28日(金)
■価格 :31,950円+税

buy_now

Social

Tweet