いつもお世話になっております。
渋谷店の冨山でございます。

本日はなかなかお目にかかれない珍しいシンセをご紹介致します。
moog sonic sixです。

sub_05-4354067013_l

こちらは、moogが1972年から1979年にかけて販売していたデュオフォニック・
アナログシンセサイザーです。

デザインが普通のシンセとはまったく違います。
こちらはトランク型、と申しますか、フタ一体型と申しましょうか。

sub_05-4354067016_l

ブリーフケースを開くと、シンセになります。
鍵盤が下部に、シンセのコントロール部が上部に収められています。

05-435406701_l

当時のカタログを見ますと、
「The portable electronic synthesizer
for live performances and the classroom」と、なっています。

ライブパフォーマンス、またはクラスルーム?!
そう、こちらは学校教育向けのモデルとして発売されていたモデルで、
なんとスピーカーも内蔵しております。
ふたを開けて電源さえ繋げばそのまま使えるようになっております。

sub_05-4354067015_l
右側のMOOGロゴの下、黒い部分がスピーカーです。なかなか大きい音が出ます。

音質はさすがMOOGブランドで、なかなかの図太いサウンドに、
モジュレーション2系統、リングモジュレーターを搭載。
MOOGにしては珍しくデュオフォニック、なんと2音ポリなのも嬉しいところです。

しかし、学校でこのMOOGを使って、音の仕組みを勉強したのでしょうか。。
何とも羨ましいというか。というか、下手にいじるとものすごい爆音が出ますよ。
モジュレーションをいじるとさらにとんでもない音が簡単に作れちゃいます。
sub_05-4354067014_l
「WAVEFORM」がいわゆるモジュレージョン。とんでもなく音が変化します。

こんなシンセも、渋谷店店頭でお試し頂けます!



ぜひぜひ、店頭にいらして下さいませ。


ただいま渋谷店では、このようなヴィンテージシンセを集めたフェアを開催中!!
よろしければこちらも、チェックしてみてください。

↓↓↓
VINTAGE KEYBOARD & BEAT MACHINE FAIR 開催中!!



最後までご覧頂き、ありがとうございました。

PS
MINIMOOG MODEL D、もうすぐ吉報が・・お楽しみに!

この記事を書いた人

冨山 大助
渋谷店サブマネージャー兼デジタル部門担当。入社以来約20年、デジタル機器一筋で販売/仕入に従事、シンセサイザー、DAW/レコーディング機器、PA機器、DJなど、新旧の機材に精通。2016年より渋谷店リユースマネージャーを兼任、中古/ヴィンテージ楽器の販売/買取にも力を入れている。

Social

Tweet