私の愛して止まない名器 Vol.6 Roland TR-606

ヴィンテージシンセフォトギャラリー 店頭スタッフがご案内!
いつもお世話になっております。渋谷店の冨山(とみやま)でございます。

本日も、私の愛して止まない名器、ご紹介させていただきます。

本日は、こちら!



Roland TR-606 DRUMATIX です。

Rolandのリズムマシンといえば、TR-808/TR-909が有名ですが、

このTR-606もアナログ音源を搭載し、打ち込みができる、隠れた名器でございます。



TR-808が発売されていた80年代に、エントリー向けリズムマシンとして発売されたTR-606。

電池駆動ができ、いつでもどこでもリズムが作れるポータブルマシン!というのが売りだったようです。

価格は当時のTR-808の1/3程度とお求めやすくなっておりました。



肝心な音質は、808とはやはり違いますが、606独自のチープな、でも太いサウンドでした。

KICK、SNARE、HIHAT、TOM、CYMBALの5音色を、ステップシーケンサーで打ち込みが可能です。

5音色はエディットできないものの、音量の調節が個別にできるようになっています。



残念ながら808のようなパラアウトなどはなく、5音色はまとめて出力されます。

下画像にあるMIDIのような端子は、この当時の同期用端子「DINシンク」と言いまして、

シーケンサーMC-4やBASSシンセTB-303などと同期演奏が可能でした。



今はAIRA SBX-1などを使えばいろんな機材と同期が可能です。

そのサウンドは他の機種やサンプリングでは出せないもので、今でも欠かせない機材の1つです。



アナログリズムマシンに興味がある方、808は高くて買えないけど、

この606ならまだ手が届くのでは??

TR-606も発売から30年以上たち、現存するものは貴重となりました。

そのサウンドに是非一度触れてみてください。

渋谷店でお試し可能となっております。



他にもいろいろなVINTAGE機材が渋谷店に集まっております。

よろしければこちらも、チェックしてみてください。

↓↓↓
VINTAGE KEYBOARD & BEAT MACHINE FAIR



最後までご覧頂き、ありがとうございました。

この記事を書いた人

冨山 大助
横浜店リユースマネージャー兼デジタル部門担当。入社以来約20年、デジタル機器一筋で販売/仕入に従事、シンセサイザー、DAW/レコーディング機器、PA機器、DJなど、新旧の機材に精通。ヴィンテージ楽器の販売/買取にも力を入れている。6年間勤めた渋谷店から離れ、2017年7月より古巣である横浜店勤務となりました!改めましてよろしくお願いいたします。

Social

Tweet