同期演奏のススメ!!!

PA機器 トップページ4 店頭スタッフがご案内! 御茶ノ水本店SOUTH:今宮
御茶ノ水本店デジタル、DJ担当の今宮です!

お客様からよく受ける質問で、バンドの同期演奏をしたいというお問い合わせを頂きます。

例えば、、「曲のイントロ8小節をシーケンサーで打ち込んだ打ち込みのドラムで、8小節終わりから生のドラム演奏に変えたい!」というものです。

LIMP bizkit、Slipknotなどに代表される、打ち込みと生音を融合したサウンドスタイルのライブをやりたい!というご相談を頂くので、改めてその手法をご紹介したいと思います。

ドラマーさんはクリックとなる打ち込みの音を聴きながら、ドラムを叩いていきたいので、以下の方法をとります。



【1】シーケンスソフトにライブで再生したい打ち込みの曲を入れる。

【2】シーケンスソフトでクリックトラックを作成。打ち込みの曲と同じテンポで作成。
↑の画面ではCUBASE PRO搭載の「GROOVE AGENT」のドラムマシンでキック音を打ち込んでいます。



【3】パンニング(音を左右に振る)でクリックトラックをLチャンネルいっぱいにふる。打ち込みの曲をRチャンネルいっぱいにふる。

【4】それをWAVファイル、もしくはMP3で書き出す。



【5】必要な機材たちは写真の通り。

・MIXER:「MACKIE 402VLZ PRO4」
・ケーブル:PHONE×ステレオミニケーブル「audio-technica ATL462A/3.0」
・音源を再生するiPhone
・ヘッドホン:「NEU HX3000」
をチョイスしました。

作成したトラックをiPhoneに入れて(ライブ中に携帯電話がならないよう機内モードをONにしましょう!)



このようにケーブルをさします。L(白いケーブル)には同期用のクリック、R(赤いケーブル)にはシーケンストラックが流れる仕組みです。赤い方のケーブルはライブハウスではPAさん、リハスタなどでは備え付けのミキサー卓に入力して下さい。そうすると、ヘッドホンをさしたMACKIEの小型ミキサーからはクリックが、PA側からはシーケンストラックが鳴ります!

ドラマーはヘッドホンをしながらミキサーから流れるクリック音を聴きながらドラムを叩く、という形です!

しかし、一点だけ難点が。。
この方法はLRのチャンネルからシーケンストラックを出していないモノラル出力の音源の為、楽曲によっては、「パンニング」がふられた曲だと音が鳴らない部分が出てきたりします。。ギターがLチャンネルによっている曲、ドラムのタムがRチャンネルによっている曲、などなど。。

そんな場合にオススメなのがこちら!!

ZOOM R8!!


マルチトラックレコーダーとして宅録をする方々に人気のモデルですが、こちらにはクリックトラックだけヘッドホンに送る、という機能が搭載されております。



本体上部にあるつまみの設定で、クリックをヘッドホンだけに送る設定ができ、メインのシーケンスはマスターアウトからステレオで出力できます!

また、CUBASEなどのシーケンスソフトで作成したトラックをR8に入力して、任意のチャンネルだけをヘッドホンアウトに送ってドラマーが聴く、なんていうこともできます。



この設定の説明にもあるように、トラック1にクリックトラックを入れて、そちらをヘッドホンアウトに出力、7,8チャンネルにシーケンストラックを入れて、そちらをPAさんに送る、なんているやり方をとれば、ステレオでオケが再生されるわけです!!

このZOOM R8がライブの同期機材としてオススメな理由として、PC、オーディオインターフェイス経由だと、接続、設定トラブルによってライブのときに音が鳴らない、なんていう事態が起きずらい、ということが挙げられます!ハードウェアですし、SDカードを使用したレコーダーのため、ハードディスクレコーダーのように振動に弱くもなく、ライブ中にギタリストが飛び跳ねてもデータが飛ぶ、という心配も少ないからです!

以上、2通りの同期演奏の方法をご紹介しました!!
もっと実際にやり方を教えて欲しい、という方は、イシバシ楽器御茶ノ水本店の今宮までご相談ください!!

この記事を書いた人

今宮 吉国
御茶ノ水本店SOUTHデジタルフロア担当。御茶ノ水本店SOUTHデジタル部門の責任者でもある。当店スタッフでありながら現役DJ、PRODUCERとして活動中。シンセ、DJ、PA、DTMなどデジタル機材全般に精通し、製作者、現場ならではの意見をお客様へ提供できる数少ないスタッフであり、皆様のニーズに合った機材を探すお手伝いをさせて頂きます。

Social

Tweet