私の愛して止まない名器 Vol.7 Roland JUPITER-4

シンセサイザー ヴィンテージシンセフォトギャラリー 店頭スタッフがご案内!
いつもご覧いただきましてありがとうございます。

横浜店のVINTAGE SYNTH 担当、冨山(とみやま)でございます。
本日も、ヴィンテージ・シンセサイザーを紹介させて頂きます。

本日紹介させて頂くのは。。。Rolandが誇るJUPITERシリーズ、最初のモデル!!!



なかなかお目にかかれない名器でございます。Roland JUPITER-4、初期のポリフォニック・シンセサイザーです。

1978年から発売開始されたこのモデル、ローランド初の4音ポリ&8音色メモリーに対応した、当時のアナログ・フラッグシップ・シンセサイザーです。



別名「COMPUPHONIC SYNTHESIZER」の名のとおり、8音色まで音色をメモリーすることが可能です。

現在は音色がメモリー出来るなんて当たり前ですが、当時のシンセでメモリーが出来るというのはとても最先端技術で、高級モデルにしか搭載されていない機能でした。



プリセットで10音色を搭載、メモリー8音色と合わせて計18音を瞬時に切り替えが可能。ライブで音色を切り替えが出来るシンセ、という事で、当時のカタログにもライブ指向のシンセ、なんて記述がございました。

ちなみに、切り替えるボタンはTR-66等のパターン切り替えボタンと同じ、カラフルな押しボタン式です。



1VCO+SUBオシレーター+VCF/VCAとシンプルな作りながらも、図太いベースから繊細なサウンドまで多彩な音作りが可能です。

なんといっても4音ポリですから、和音が出せる!というのが最大の特徴。4音を重ねてユニゾンで使えば、超極太サウンドも簡単に出せてしまいます。



こちらのモデル、しっかりと試させて頂きましたが、印象としてはアルペジエイターが非常に秀逸!!!適当なコードを押さえればそれっぽいフレーズを簡単に奏でてくれます。



また、ENSEMBLEボタンを押すと、コーラスがかかって音が広がります。コーラス搭載、というのはこのころからの伝統でしょうか。JUNO-106などにも引き継がれていますね。そしてよく見るとステレオアウト搭載。JUPITERの名に恥じぬ素晴らしいシンセサイザーです。



こんなシンセが、今なら横浜店で見て触っていただけますよ!
(売れてしまったらごめんなさい。。)
他にも横浜店にVINTAGEシンセ、たくさん集まってきております。


横浜店の中古シンセサイザーはこちらからどうぞ。


ご不明な点等ございましたら、ぜひぜひお問い合わせください!

お電話:045-311-1484、メール:yokohama@ishibashi.co.jp

わたくし冨山(とみやま)まで、ご連絡くださいませ。

お待ちしております。

イシバシ楽器横浜店
担当 冨山



シンセフロア改装いたしました。こちらもご覧くださいませ。

この記事を書いた人

冨山 大助
横浜店リユースマネージャー兼デジタル部門担当。入社以来約20年、デジタル機器一筋で販売/仕入に従事、シンセサイザー、DAW/レコーディング機器、PA機器、DJなど、新旧の機材に精通。ヴィンテージ楽器の販売/買取にも力を入れている。6年間勤めた渋谷店から離れ、2017年7月より古巣である横浜店勤務となりました!改めましてよろしくお願いいたします。

Social

Tweet