ここが変わった|Steinberg、「WaveLab9.5」新機能まとめ

DTM トップページ1 新製品情報
Steinbergから「WaveLab9.5」が発表されました。

「WaveLab」(ウェーブラボ)シリーズは、デジタルオーディオ全般のあらゆる状況で役立つ機能を搭載し、ミックスまたはポストプロダクション用DAWの機能を補完するソフトウェア。

最新版「9.5」の新機能は以下の通りです。

・リニューアルしたスペクトラムエディター(PROのみ)
・ライブスペクトログラム(PROのみ)
・エラー修正機能の再設計(PROのみ)
・DDP PLAYER(PROのみ)
・ノイズ除去プラグイン「RestoreRig」

 
リニューアルしたスペクトラムエディター



「WaveLab9.5」では、オーディオファイルをより正確に視覚化できる「ウェーブレットディスプレイ」が導入されています。高い周波数では時間分解能を高く、低い周波数では周波数分解能を高く表示します。



スペクトラムの編集画面の表示場所を、「スペクトラムエディター」ツールウィンドウから「スペクトラム」タブに変更。これまでの長方形選択ツールに加え、「なげなわツール」「ブラシツール」など多くの新しい選択オプションを追加しています。



また、注目すべきは、画像編集ソフトの技術を基にした「オーディオインペインティング」機能。(Steinberg特許出願中)



不要なノイズの除去や、オーディオドロップアウトによって生じた欠落部分を周囲のスペクトル情報を分析して再現。違和感のないかたちでノイズを除去したり、欠落部分を補完できます。


 
ライブスペクトログラム



ライブスペクトログラムは、再生中のオーディオの周波数スペクトルをリアルタイムで視覚的に表示します。プラグインエフェクトによる処理が加わった場合も、プラグインがスペクトル情報にどのように影響しているかを表示します。

再生中のエフェクトパラメーターの変更も動的に表示されます。これによりリアルタイムプロセッサを使用しているときにファイルの全周波数範囲に目を向けることができます。

また、ライブスペクトログラムは、録音されたオーディオ信号の周波数成分をモニターするのにも役立ちます。


 
エラー修正機能の再設計



エラー修正設定画面の表示場所を「エラー修正」ツールセットから「修正」タブに変更。これによりより直感的なワークフローとすべての機能への迅速なアクセスが可能になり、オーディオ素材のクリックやエラーを見つけて修正する効率が上がります。

さらにエラー修正タブには、オーディオの修正アルゴリズムに含まれているため、スペクトル編集の専門家でなくとも、見慣れたオーディオ波形による修復作業ができます。


 
DDP PLAYER



CDプレス用の納品フォーマットであるDDP。「WaveLab9.5」のリリースに合わせ、簡単な操作でDDPファイルを再生できる「DDP Player」が誕生しました。
今回Steinbergは、この「DDP Player」を「WaveLab9.5」とは別のインストーラーで用意。フリーライセンスでの使用が可能となっており、マスタリングエンジニアは、完成したDDPファイルをクライアントに簡単な操作で聞いてもらうことができます。クライアントはあらかじめ、マスターCDのイメージを視聴した上で、プレス工場に送れるため、安心です。



 
ノイズ除去プラグイン「RestoreRig」



「RestoreRig」は、「DeNoiser」「DeBuzzer」「DeClicker」の3つのモジュールで構成された新しいプラグイン。ゲインコントロール、レベル、スペクトラムメーターを備え、不要なノイズをリアルタイムで検出して除去することが可能。

各モジュールは、独立したノイズリスニングモードを搭載し、ノイズのみのモニターも可能です。「RestoreRig」は、旧バージョンに搭載のSonnoxのレストア用プラグイン(「DeNoiser」「DeBuzzer」「DeClicker」)から置き換えとなります。


各種プラグインも強化されています。


▲MAXIMIZERに「MODERN」モードアルゴリズムと「MIX」ノブを追加


▲インターフェースが一新したTUBE COMPRESSOR。高域に高周を加え低音を飽和させず、音を鮮明にする「CHARACTER」ノブを追加。


▲インターフェースが一新したVINTAGE COMPRESSOR。「Mix Control」ノブが追加され、パラレルコンプレッションに対応。

他にも、「Brickwall Limiter」「Compressor」「Expander」「Gate」「Envelope Shaper」などのGUIの再設計が行われています。
また、4K,5Kの高解像度ディスプレイ、Appleの「Touch bar」をサポートするなど、最新の環境にも対応します。


グレースピリオド(無償バージョンアップ期間)は、9月27日(水)以降にMySteinbergへアクティベートいただいたユーザーが対象。旧バージョンの単品商品、バンドルパッケージが対象です。

【Steinberg / WaveLaBb Pro 9.5】
■価格 :58,000+税

buy_now

【Steinberg / WaveLab Elements 9.5】
■価格 :10,000円+税

buy_now

●問い合わせはこちら。「DTMersを見た」と書いていただけるとスムーズです。

Social

Tweet