Bluetooth対応のコンパクトなハイレゾ・オーディオレコーダー「R-07」発表!

CES2018 DTM トップページ1 新製品情報
Rolandから僅か150gのハイレゾ・オーディオレコーダー「R-07」が発表されました。



イメージ写真からも分かるように、コーヒーカップと同じくらいのハンディサイズのボディにステレオマイクとバックライト付きディスプレイを搭載しています。

録音形式は44.1~96.0kHZ・16/24bitのWAV形式と、64~320kbpsのmp3形式が選択でき、用途に合わせた音質・ファイル形式での録音が可能です。



専用アプリ「R-07 Remote」と組み合わせることで、スマートフォン・スマートウォッチなどからBluetoothを介してのリモコン操作を実現。

R-07で録音したデータをBluetoothオーディオ対応のヘッドホンやスピーカーとペアリングして再生することも出来ます。



ディスプレイやアプリの表示は日本語にも対応しているので、操作が分かりやすく、はじめて手にするハンディレコーダーとしても安心して使えそうです。

また、メトロノームとチューナーが内蔵されており、バンドのリハーサルや弾き語りの練習などにも活用できる利便性の高さも嬉しいところ。



アルカリ単3電池2本で最大15時間の連続使用が可能となっており、記録媒体はmicroSDHCカード(2-32GB)に対応しています。



カラーバリエーションはブラック、ホワイト、レッドの3モデルとなっています。

ポケットサイズでハイレゾクオリティの録音が可能な「R-07」、発売は4月頃の見通し。価格は、23,000円前後を予定。

スマホのレコーダー機能から踏み出す第一歩にいかがでしょうか?

●問い合わせはこちら。「DTMersを見た」と書いていただけるとスムーズです。


【関連記事】
■Roland、1月8日に新製品3機種を発表へ!

Social

Tweet