アナログ音源+マルチデジタル音源の新フラッグシップモデル|KORG、「prologue」を発表!

NAMM SHOW 2018 シンセサイザー トップページ1 トップページ4 新製品情報
KORGから「prologue-16」「prologue-8」が発表されました。



「prologue」は、フル・プログラマブルの新世代アナログ・シンセサイザー。4ボイス・ポリフォニックのminilogue、モノフォニックのmonologueを経て、ついにフラグシップとなるprologue が登場します。

prologue は、フルサイズ・キーボードを備えたポリフォニック・アナログ・シンセサイザーです。シリーズ直系の強力なアナログ・シンセサイザー回路、そして新開発のデジタル・マルチ・エンジンとエフェクトが、さらなるサウンドのバリエーションとユーザー・カスタマイズの可能性を広げます。
 
16 ボイス(61鍵)と8ボイス(49 鍵)の2ラインナップ


▲prologue-16


▲prologue-8

構成は2VCO + MULTI ENGINE、1VCF、2EG、1VCA、1LFO。オシレーターの倍音を形成するウェーブ・シェイプや、シンク/リング・スイッチ、などシリーズ共通の特徴的な回路に加え、ブラッシュアップされた効きの鋭い2 ポール・ローパス・フィルター、強力な歪みを加えるドライブ、そしてローカット( ハイパス)・スイッチを搭載。

 
新開発のマルチ・エンジン



prologue の素晴らしさは、アナログだけではありません。VCO3 として搭載した新開発のマルチ・エンジンが、デジタル・サウンドの魅力を提供します。3 つの異なる音源を搭載したこのマルチ・エンジンは、アナログVCO との組み合わせることで、そのサウンドの可能性を未知の領域へと拡大します。

●ノイズ・ジェネレノイズ・ジェネレーター
パーカッシブな音色やSE サウンドに欠かせない4 タイプのノイズ・ジェネレーター。デジタル・フィルターによる、ノイズ・カラーのダイレクトな変化を味わえます。

●VPM オシレーター
prologue のために新たに設計されたVPM ( VariablePhase Modulation)/ FM オシレーター。複雑な倍音を含む金属的でシャープなサウンドは、アナログでは決して得られないもの。16 タイプのオシレーターとSHAPE ノブ・コントロールが、複雑な音作りを直感的に導きます。

●ユーザー・オシレーター
自作のオシレーター・プログラムをロードできるユーザー・オシレーター。16 スロットを備え、プリセットとしてモーフィ
ング・ウェーブテーブル・オシレーターを1 タイプ内蔵しています。

 
バイ・ティンバー



prologue は、同時に2 種類のサウンドを演奏できる2 ティンバー・シンセサイザーです。レイヤー、スプリット、そしてメイン・ティンバーとサブ・ティンバーがなめらかに切り替わるクロスフェードに対応。余裕ある16 / 8 ボイスで、プレイヤーの高度な演奏欲求のすべてに応えます。

 
ユーザー・カスタマイズ



オープン環境、それはprologue の発展性を意味しています。16 個のユーザー・オシレーター・スロットに、16 個のユーザー・エフェクト・スロット。専用のライブラリアン・ソフトウェア(2018 年春ダウンロード開始予定)でPrologue SDK で作られたオシレーターやエフェクト・プログラムをprologue へロードすることが可能です。拡張されたデジタル・オシレーターとアナログ・シンセシスの組み合わせが、どのようなサウンドをもたらすのか。オリジナル・プログラムの作成、コードのシェア、そしてユーザー・コミュニティ。まずはコルグが提供するサンプル・コードから試してみてください。prologue は、あなたのものです。

 
バイ・ティンバー



prologue は、同時に2 種類のサウンドを演奏できる2 ティンバー・シンセサイザーです。レイヤー、スプリット、そしてメイン・ティンバーとサブ・ティンバーがなめらかに切り替わるクロスフェードに対応。余裕ある16 / 8 ボイスで、プレイヤーの高度な演奏欲求のすべてに応えます。


 
ボイス・モード



16 / 8 ボイスを自在に組み合わせて演奏できる、ボイス・モード機能を搭載しています。最大16 / 8 音ポリフォニーで和音演奏できるスタンダードなPOLY、サブ・オシレーターでベースに最適なMONO、すべてユニゾンさせて分厚いリード・サウンドを作り出すUNISON、指一本でコードを鳴らせるCHORD。DEPTH ノブとの組み合わせで、様々な効果を得ることができます。

【4つのボイス・モード】
・POLY … 最大16 / 8 ボイスのポリ・シンセとして動作。VOICE MODE DEPTH ノブを回すとDUO モードに切り替わり、ユニゾンで最大8 / 4 ボイスのポリ・シンセとして動作。
・MONO … サブ・オシレーター付きモノ・シンセとして動作。
・UNISON … すべてユニゾンのモノ・シンセとして動作。
・CHORD … コードを発音。



 
日本製のナチュラル・タッチ・キーボード



演奏性やデザインに関しても、フラグシップに相応しいクオリティを追求しました。
鍵盤には、日本製の上質なナチュラル・タッチ・キーボードを採用し、コルグのハイエンド・ワークステーション同様の優れたタッチ・フィールが、高い表現力を発揮します。

ハイエンド・モデルとしての圧倒的な存在感を主張するボディは、シンセサイザー王道のルックスを新たに再構築。minilogue と同じ曲率でカーブを描くブラック・アルミニウム・フロント・パネルは、ヘアラインの美しい仕上がりに。
そして重厚感あるメタル・ノブ、ダイヤカットで削り出したシルバーの指標、オーク材のサイド・ウッド・パネル。細部までこだわった、メイド・イン・ジャパンの高い品質を提供します。




▲SC-PROLOGUE BLUE(別売)


▲SC-PROLOGUE BLACK(別売)




【KORG/prologue-16】
■発売日:2018年2月24日(土)
■価格 :200,000+税

buy_now

【KORG/prologue-8】
■発売日:2018年2月24日(土)
■価格 :150,000+税

buy_now

●問い合わせはこちら。「DTMersを見た」と書いていただけるとスムーズです。


【関連記事】
KORGがWinter NAMM 2018出展の新製品を公開!

Social

Tweet