MACKIEからインイヤーモニターやヘッドホンアンプなど新製品が続々発表!

DJ DTM NAMM SHOW 2018 新製品情報
NAMM SHOW初日となる本日1月25日、「戦車級に頑丈な設計」のキャッチコピーでおなじみのMACKIEから新製品が多数発表されました。

 
高遮音性プロフェッショナルインイヤーモニター「MPシリーズ」(MP-120、MP-220、MP-240)


【MP-120/シングルダイナミック型プロフェッショナルインイヤーモニター】
周波数特性:20Hz – 20kHz
インピーダンス:32Ω
トランスデューサータイプ:シングルダイナミック
感度:102dB
税別市場想定価格:¥11,800-



【MP-220/デュアルダイナミック型プロフェッショナルインイヤーモニター】
周波数特性:20Hz – 20kHz
インピーダンス:8Ω
トランスデューサータイプ:デュアルダイナミック
感度:104dB
税別市場想定価格:¥17,800-



【MP-240/デュアルハイブリッド型プロフェッショナルインイヤーモニター】
周波数特性:20Hz – 20kHz
インピーダンス:16Ω
トランスデューサータイプ:シングルダイナミック+シングルバランスドアーマチャー
感度:104dB
税別市場想定価格:¥23,800-

MPシリーズ・インイヤーモニターは人間工学に基づき設計、モールドされた薄型のエンクロージャーを採用し、装着時の快適さ、高い遮音性、最適な低域周波数再生を実現。

ミュージシャンやアーティストがステージ上で求めるパフォーマンスと快適性を高い次元で両立しています。

ケーブルには高耐久性と高音響特性の網組シールドケーブルを採用。

着脱・回転可能なMMCXコネクターを使用し、快適性と耐久性を持たせています。

パフォーマンス途中で耳から落ちにくいオーバーイヤーデザインに加え、耳のサイズに合わせて選択可能な3サイズのイヤーチップを同梱。

持ち運びや保管に便利なハードケースも付属します。

スペックを見る限り可聴範囲をきっちりと押さえたドライバーを搭載しながらも価格は1万円代からとかなりお手ごろなので、初めてのインイヤーモニターとして最適なシリーズとなりそうですね。

 
ヘッドホンアンプ「HMシリーズ」(HM-4、HM-400、HM-800)



【HM-4/4Wayヘッドホンアンプ】
・1系統ステレオ音源を4つのステレオヘッドホンで聴くことが可能
・個別にボリュームコントロールが可能なヘッドホン出力
・付属12v ACアダプター駆動
・税別市場想定価格:¥3,600-



【HM-400/4チャンネルヘッドホンアンプ】
・L/Rメインステレオ入力とL/Rステレオ出力を装備
・各チャンネルとメインには7セグメントのLEDメーターを個別に実装
・各チャンネルに3つのヘッドホン出力
・各チャンネルにメインミックスとAUX入力のレベルバランスコントロール可能なAUX入力
・各チャンネルにL/R独立したMUTEボタンとステレオ/2ch切替可能なスイッチ
・トータルで12個のステレオヘッドホン出力
・税別市場想定価格:¥17,800-



【HM-800/8チャンネルヘッドホンアンプ】
・個別レベルコントロールが可能な2ステレオメイン入力と2ステレオメイン出力
・各チャンネルとメインに7セグメントのLEDメーター
・各チャンネルに2つのヘッドホン出力
・最大8系統のステレオミックスが可能な8AUX入力
・各チャンネルに2chインプットセレクトスイッチとステレオ/モノラル切替スイッチ
・トータルで16個のステレオヘッドホン出力
・税別市場想定価格:¥23,700-

非常にシンプルな構造でホームユースや楽屋でのセッションなどに最適なHM-4、ライブステージ上でのパーソナルモニターやレコーディングスタジオでのキューミックスヘッドホン分配アンプとして複数のミックスを組むことが可能なHM-400とHM-800の3モデルをラインナップ。

HMシリーズヘッドホンアンプは日本国内では2018年春ごろに発売開始予定とのことです。

 
ダイレクトボックス「MDBシリーズ」(4モデル)、48vファンタム電源「M48」、ケーブルテスター「MTEST-1」



【MDB-1P/パッシブダイレクトボックス】

・ライブやレコーディングでギターやベースなどを使用する際には必要不可欠なツール
・入力信号スルー出力を装備した標準ジャックハイインピーダンス入力
・ノイズ対策のグラウンドリフトスイッチを装備したバランスXLR出力
・超低ノイズと超低歪みを実現
・高出力の音源を接続しても歪みの無いサウンドを実現する-15dBパッド
・税別市場想定価格:¥5,900-



【MDB-2P/パッシブダイレクトボックス】

・キーボードプレーヤーやメディアプレーヤーに最適なステレオ入力
・入力信号スルー出力を装備した標準ジャックハイインピーダンス入力
・ノイズ対策のグラウンドリフトスイッチを装備したバランスXLR出力
・超低ノイズと超低歪みを実現
・高出力の音源を接続しても歪みの無いサウンドを実現する-15dBパッド
・税別市場想定価格:¥7,100-



【MDB-1A/アクティブダイレクトボックス】

・低ノイズ、低歪みを実現するハイヘッドルームを提供するアクティブ回路
・入力信号スルー出力を装備した標準ジャックハイインピーダンス入力
・ノイズ対策のグラウンドリフトスイッチを装備したバランスXLR出力
・ローカットスイッチ、位相反転スイッチ装備
・THRU端子を入力端子として使用可能でINPUT端子とTHRU端子にキーボードなどのステレオ音源を入力しモノラル出力が可能なMERGEスイッチ
・高出力の音源を接続しても歪みの無いサウンドを実現する-20dBパッド
・税別市場想定価格:¥7,100-



【MDB-USB/USBステレオダイレクトボックス】

・コンピューターとダイレクトにUSB接続が可能
・高解像度24bit/96kHzオーディオインターフェース
・ノイズ対策のグラウンドリフトスイッチを装備したバランスXLR出力
・ステレオ/モノラル切替可能なスイッチを装備した出力レベルコントロール
・簡易モニタリングが可能なヘッドホン出力
・ノイズフリーのオペレーション
・USBバスパワー対応で電源が不要
・USB接続しただけで動作しドライバーは不要
・税別市場想定価格:¥17,800-



【M48/48vファンタム電源】

・48vファンタム電源が必要なコンデンサーマイクやダイレクトボックスなどに最適
・XLRバランス入出力1系統
・接続機器に影響を与えないノイズフリー設計
・付属ACアダプター、もしくは006P(9v)電池で駆動
・通電とローバッテリーアラート表示のLEDランプ
・税別市場想定価格:¥5,900-



【MTEST-1/ケーブルテスター】

・ライブサウンドやレコーディングスタジオなどで採用されている大半のコネクターに対応
・ピンアサインを瞬時に確認可能な6wayスイッチ
・ケーブルショートの有無が確認可能
・006P(9V)電池駆動
・税別市場想定価格:¥3.600-

無駄のないMACKIEらしいデザインが徹底された質実剛健なオーディオツールシリーズ。
特に「MDB-USB」はコンピューターを多用するキーボーディストやDJ、マニピュレーターの方にとって特に嬉しいツールかと思います。

MACKIEオーディオツールシリーズは日本国内では2018年春ごろに発売開始予定とのことです。

イヤーモニターからDIに至るまで、ステージパフォーマンスの安定性を戦車並みにしてくれるかもしれないMACKIEの新製品たちをご紹介いたしました!

Social

Tweet