CASIO Sound Tradition@JZ Brat SOUND OF TOKYO

イベントレポート デジタルピアノ トップページ1
2018年3月7日、渋谷JZ Brat SOUND OF TOKYOにて「CASIO Sound Tradition」が開催。



「CASIO Sound Tradition」は、カシオ計算機の楽器事業35周年のアニバーサリー企画で、1980年から続くCASIO電子楽器の歴史と伝統、そして今尚続く革新を表現するためにスタートしたNEWプロジェクト。ライブイベントや音源のリリース、ネットラジオ番組を展開してきました。



今回のイベントでは、日本のジャズピアニスト、コンポーザーの平戸祐介さんのソロプロジェクト「Yusuke Hirado Prospect」によるジャズライブを開催。



平戸さんは、ライブや自身のレコーディングで、CASIOの「PX-5S」を愛用。
タッチがグランドピアノに近く気に入っているとのことで、1stアルバム「Heritage」の制作/レコーディングでも「PX-5S」を多く使用したとのことです。



今回のライブでもグランド・ピアノ音色だけでなく、エレクトリック・ピアノの音色を活用されていました。



1stアルバム「Heritage」の楽曲を中心に約2時間半のライブは大盛況のうちに終了。

「PX-5S」もステージピアノとして大活躍でした。

■平戸祐介オフィシャルウェブサイト:http://yusukehirado.net/
■CASIO PX-5S 商品ページ:http://store.ishibashi.co.jp/ec/pro/disp/1/80-431058900
■CASIO Sound Tradition@渋谷Hangout Hangover:http://dg.ishibashi.co.jp/?p=19049

Social

Tweet