Expressive E / Touche MIDIタッチコントローラーをご紹介!動画アリ!

DTM DTMersスタッフブログ トップページ1 店頭スタッフがご案内! 御茶ノ水本店:今宮
御茶ノ水本店SOUTH今宮です。
本日はこちらのユニークなMIDIタッチコントローラーをご紹介!
”トゥシェ”と読みます!

Touche は直感的なユーザーインターフェイスによるサウンドコントロールを特徴とし、鍵盤演奏に革新的な表現力をもたらします。
木製の "スキン" が微細な振動や圧力も敏感に捉えるため、叩く、こする、押す、スライドする等、様々なジェスチャーでサウンドを操り、まるでアコースティック楽器に触れているかのように自然と音楽との繋がりを感じ取ることができるでしょう。

ご購入時に付属しているものはこちら。

【製品内容】
・Touche 本体ユニット
・クイックスタートガイド
・テクニカルガイド
・USBケーブル
・MIDIアダプター(2本)
・アースループアダプター



今回はExpressive E / Touche にNative Instruments / MASCHINE を追加で使用しました。
音源の音だしをMASCHINE、エフェクトコントロールを Touche で行います。



お使いのセットアップとすぐに組み合わせることができるよう、Touche には特別に制作されたサウンドと、各種設定をシンプルに行うためのツールLié(リエ) が付属しています。

Liéという専用のエディットソフトをExpressive E WEBSITEよりダウンロードします。

LieはVST/AUプラグインとしてDAW上で動作するため、今回はNATIVE INSTRUMENTS / KOMPLETE KONTROLというソフトで起動しました。

ここでご注意点。

(スタンドアローンではお使いいただけません)。
・LieはVST/AU対応のDAW上にてお使いいただけますが、プラグインホストとしてはVSTi(VSTプラグイン形式のバーチャルインストゥルメント)のみをサポートします(他のプラグイン形式やエフェクトプラグインには対応していません)。




Toucheを手で触りながらLiéの画面を見ると、動かした方の位置がオレンジ色に光っています!



FILTER,LAYER,FREEZE,TREMOLOなど、8個のエフェクトアサインが可能!この画面にあるように、好きなエフェクトを、好きな位置にアサインできます!
手の動きひとつでハードウェアやソフトシンセサイザーなどの表現力が一層豊かなものとなります。内部メモリーには最大24設定 (4プリセット × 6バンク = 計24プリセット) までを保存可能。



当店スタッフが出演したオリジナルの説明動画をご用意しました!!!

ぜひご覧ください!動画ではNative Instruments / MASCHINEに付属のベース音源を、ブリブリなサウンドでエフェクトをかけて鳴らしています!

DUB STEPやTRAPなどを作るときのリアルタイムエフェクトでも効果的に使えそうです!



こちらの商品、以前当店でもシンセサイザーのマエストロ!氏家さんにお越しいただきデモも開催されました!!



PCとToucheをこのようにライブセットに組み込めば、ライブでも独特な音を出すコントローラーとして、目立つこと間違いなし!

ぜひ御茶ノ水本店SOUTHの店頭でもお試しいただけますので、お越しいただければ!



Expressive E / Touche MIDIタッチコントローラー 詳細&ご購入はこちら


この記事を書いた人

今宮 吉国
御茶ノ水本店SOUTHデジタルフロア担当。御茶ノ水本店SOUTHデジタル部門の責任者でもある。当店スタッフでありながら現役DJ、PRODUCERとして活動中。シンセ、DJ、PA、DTMなどデジタル機材全般に精通し、製作者、現場ならではの意見をお客様へ提供できる数少ないスタッフであり、皆様のニーズに合った機材を探すお手伝いをさせて頂きます。

Social

Tweet