「超」数量限定|Minimoog Model D に限定ウォルナット・バージョンが登場!

シンセサイザー トップページ1 新製品情報
一昨年、MOOG公式生産で復活、二度にわたり国内入荷を果たすもあっというまに完売となり、シンセサイザーとしてのその存在の大きさを示した「Minimoog Model D」。

▲「Minimoog Model D」(販売終了)

そんな「Minimoog Model D」にウォルナット・バージョンが限定で登場します。


▲「Minimoog Model D Walnut」

Minimoog Model Dは、その後のキーボード・タイプのシンセサイザーの形を決定づけた世界初のポータブル・タイプのシンセサイザー。1970年代に登場し、Moogの巨大なモジュラー・シンセサイザー譲りのゴージャスなサウンドと、内部配線による扱いやすさを兼ね備え、世界中のミュージシャンからの人気の的に。以来40年以上にわたり、Trent Reznor、GaryNuman、Dr. Dre、Keith Emerson、Herbie Hancockなど世界的アーティストの手によりユニークなサウンドを放ち、Minimoog Model Dによる新たな音楽ジャンルを形成してきました。

米ノースカロライナ州アッシュビルのMoogファクトリーでMoog Musicの社員兼株主が1台ずつ愛情を込めてハンドメイド。この3オシレーターのモノフォニック・アナログ・シンセサイザーを、地元産のアパラチアン・ハードウッドのエンクロージャー、そしてハンドフィニッシュのアルミ製シャシーに格納。回路基板は1970年代のオリジナルMinimoog Model Dと同一のパーツ配置によるスルーホール基板を踏襲。

米ノースカロライナ州アッシュビルのMoogファクトリーでMoog Musicの社員兼株主が1台ずつ愛情を込めてハンドメイド。この3オシレーターのモノフォニック・アナログ・シンセサイザーを、地元産のアパラチアン・ハードウッドのエンクロージャー、そしてハンドフィニッシュのアルミ製シャシーに格納。回路基板は1970年代のオリジナルMinimoog Model Dと同一のパーツ配置によるスルーホール基板を踏襲。

【主な仕様】
・3系統のビンテージMoogオシレーター
・Moog伝統のレゾナンス付きローパス・ラダー・フィルター
・オリジナルMinimoog Model Dの設計とパーツ配置を踏襲したアナログ回路基板
・音質や音色を決定づける重要なトランジスタを復刻させて使用
・ミルスペック精度の抵抗器を採用
・Precision Linear Systemでマッチング済みJFETをオシレーター回路に採用
・クラシックな熱硬化式ギザ付きピッチ・ホイール、モジュレーション・ホイール
・拡張されたCV端子 : ピッチ、アフタータッチ、ベロシティ、ゲート
・拡張されたモジュレーション機能 : 三角波/矩形波LFO、フィルター・エンベロープ、外部モジュレーションCVインプット
・オーバーロード改良 : ミキサー部の外部オーディオ入力チャンネルのフィードバックを内部接続化し、オーバードライブがより簡単に
・ツアーなどでの信頼性向上のために回路基板のコネクターを改良
・キーボード : Fatar TP-9(ベロシティ、アフタータッチ付き)
・MIDI端子 : IN、OUT、THRU

【moog / Minimoog Model D Walnut】
■発売日:2018年7月28日(土)
■価格 :391,000円+税

●問い合わせはこちら。「DTMersを見た」と書いていただけるとスムーズです。


■36年の時を経て公式復活|moog、「MINIMOOG MODEL D」を発表!

Social

Tweet