ギタリストのためのオーディオインターフェイス|IK Multimedia、「AXE I/O」を発表!

DTM NAMM SHOW 2019 シンセサイザー トップページ1 トップページ4 新製品情報
IK Multimediaから「AXE I/O」が発表されました。

「AXE I/O」は、数々のギターアンプ&エフェクトのモデリングソフトウェアをリリースしてきたIK Multimediaがギターレコーディングに求められるすべての機能を提供するハイエンドオーディオインターフェイス。



入力段だけでもギターに特化した機能が多数搭載されています。まず完全なディスクリート回路によるインプットには、PUREとJFETの2つのモードスイッチが用意されており、味付けのない透明なサウンドと、倍音付加による温かみのあるサウンドを切り替え可能です。また、パッシブピックアップ用のPASSIVEモードと、アクティブピックアップ用のACTIVEモードが用意されています。ACTIVEモードでは不要な回路をバイパスして、ギターやピックアップ本来の音色を生かします。



さらに特許出願中のZ-Toneにより、接続されたギターやピックアップの求める音色に合わせて、入力インピーダンスの調整が可能です。インピーダンス不整合による音痩せ、こもりを回避した最適なサウンドが得られます。
さらには内蔵チューナーも搭載されていますので、インスピレーションが湧いたら即座に録音を開始できます。

もちろん付属のAmpliTube 4 DeluxeをはじめとするAmpliTubeシリーズとの相性も抜群です。プリセットの選択や値の調節をフロントパネルのノブで操作したり、外部ペダル/フットスイッチを接続して、AmpliTube上のペダルやスイッチを操作
することも可能です。AXE I/OというハードウェアとAmpliTubeというソフトウェアの組み合わせが、シームレスに連携しギタリストのためのレコーディング環境を提供します。

【主な特徴】
-入出力-
●2 IN/5 OUT(グランド・リフト可能な AMP OUT を含む)
●2つの超低ノイズ・マイク/標準バランス入力
●3種のトポロジーを備えた Z-TONE™ ギター入力
●2 バランス + 2 アンバランス・ライン・アウト
●リファレンス・ヘッドフォン・アウト
●2つの自由にアサイン可能なコントローラー入力
●MIDI IN/OUT
●Mac/PC USB 2.0対応

-極上のギター・トーンを引き出す機能-
●ACTIVE/PASSIVE ピックアップ、ディスクリート JFET / PURE を切替可能な楽器入力
●入力インピーダンスまで調整可能な独自の Z-TONE™ 技術
●グラウンド・ノイズを回避しながらアンプやストンプに接続できる AMP アウト
●エクスプレッション・ペダル、2連フット・スイッチも接続可能な2つのコントローラー入力
●AmpliTube プリセット切り替えなど自由にアサイン可能な PRESET ノブ
●チューナー内蔵
●頑丈でコンパクトな金属製ボディ
●AmpliTube 4 Deluxe をバンドル

-スタジオ・クオリティのサウンド-
●高解像度・超低ノイズのクラスAマイク・プリアンプ
●クラス最高峰のAD/DAと優れたアナログ回路設計
●非同期USBオーディオ、超低ジッタのクロックにより高音質を実現
●117 dB のダイナミック・レンジ
●専用コントロール・ソフトウェア
●最大 192 kHz のサンプリング・レートに対応
●高品位な10種の T-RackS プラグインと Ableton Live 10 Lite をバンドル

【IK Multimedia / AXE I/O(アックスアイオー)】
■発売日:2019年1月30日(水)
■価格 :45,000円+税


buy_now

Social

Tweet