TASCAM、192kHzやS/MUX入力に対応したオーディオインターフェース「SERIES 102i」「SERIES 208i」を発表!

DTM NAMM SHOW 2019 トップページ1 新製品情報
TASCAMから「SERIES 102i」「SERIES 208i」が発表されました。

 
SERIES 102i



ギタリスト、ソングライター、ホームユースなど小規模スタジオに最適な「SERIES 102i」オーディオ/MIDIインターフェースは、コンパクトながら透明で自然なサウンドの、超低ノイズのUltra-HDDAマイクプリアンプと2つのマイク/ライン/楽器用コンボ入力端子を装備。+48Vファントム電源はチャンネルごとにオン/オフが可能です。ADATまたはS/ MUX対応機器から最大8チャンネルのデジタルオーディオ入力を受けることが可能なオプティカル入力端子を使えば、最大10チャンネルまで入力を拡張することができます。SERIES 102iはモニター出力用の1/4インチ TRSバランスライン出力と2つのヘッドホン出力を装備。 コンパクトなサイズながら複数人によるレコーディングセッションを手軽に行うことが可能です。



【TASCAM / SERIES 102i】
■発売日:2019年春
■価格 :未定


 
SERIES 208i



より多くの入力が求められるプロユースのスタジオおよびライブレコーディングに適したSERIES 208iは、Ultra-HDDAマイクプリアンプと個別に切り替えられる+48Vファントム電源を備えた4つのアナログマイク/ライン/楽器用コンボ入力を装備。 2系統のオプティカルデジタル入力端子を使用して合計入力最大20チャンネルまで拡張できます。8系統のTRSバランスフォン出力端子を駆使すれば、複数のモニター設定の他、最大7.1chサラウンドモニタリングのシステム構築が可能です。モニター出力とは別に専用のレベルコントロール付きのデュアルヘッドフォン出力を装備。またプロ機器になどに装備されているワードクロック入出力端子により、自由度のあるデジタル同期システムを組むことができます。



【TASCAM / SERIES 208】
■発売日:2019年春
■価格 :未定


Social

Tweet