YAMAHAから新感覚ショルダーキーボード「sonogenic SHS-500B/SHS-500RD」発表!

NAMM SHOW 2019 シンセサイザー トップページ1 新製品情報
YAMAHAからコンパクトなショルダーキーボード「sonogenic SHS-500」が発表されました。



「鍵盤楽器の演奏経験がなくてもすぐに楽しさを実感できること」をコンセプトに開発されており、筐体カラーはブラックとレッドの2色展開。



無料アプリ「Chord Tracker」と連動させて使用する「JAM機能」を使うことで、スマートデバイスに保存している楽曲のコード進行にマッチする音が自動的に鍵盤に割り当てられ、お気に入りの楽曲と自由にセッションを楽しむことが出来ます。



鍵盤部にはYAMAHAのコンパクトキーボード・refaceシリーズで高い評価を得た「HQ Mini」鍵盤を採用。
0.7W出力のアンプと3.6cmスピーカーを内蔵しながらも本体の重量はわずか1.5kgの軽量設計で、電池駆動にも対応しており、場所を選ばず演奏が可能です。



音源部はシンセサイザー、ギター、ドラムなど30種類の音色を収録し、最大同時発音数は48音。



多彩なエフェクトをコントロールするノブやMIDI端子、さらにはBluetooth MIDI機能なども搭載し、本格的な演奏や音楽制作にも対応するインターフェースを備えています。



sonogenic SHS-500B/RDの発売は3月を予定。

この春の新生活に、肩肘張らず音楽で遊べるキーボードを手に入れてみてはいかがでしょうか?

【YAMAHA / sonogenic SHS-500B】
■発売日:2019年3月5日(火)
■価格 :29,800円+税

buy_now

【YAMAHA / sonogenic SHS-500RD】
■発売日:2019年3月5日(火)
■価格 :29,800円+税

buy_now

Social

Tweet