究極のオールラウンダー・リファレンス|Focal、ニア/ミッドフィールド・モニター「Trio11 Be 」を発表!

PA機器 トップページ1 新製品情報
Focalから「Trio11 Be」が発表されました。

「Trio11 Be」は、「かつてないほどに自然かつ精密な音声信号の再生」をテーマに追い求めてきたFocalが放つ現代の音楽制作環境、正確さを追求するエンジニアのニーズに応える、よりパワフルかつ高効率、低ノイズなリファレンス・モニター。

新たに設計されたスピーカー・ドライバー(5インチ・ミッドレンジ、10インチ・サブウーファー)に加え、音声の歪みを極限まで抑制するため、Focalによる数々の最新音響エレクトロニクス技術が投入されました。



ミッド・ウーファーの周辺部に用いられたTMDテクノロジーによる制動性と低ひずみの実現。NICテクノロジーによる磁界の安定化、さらにバスレフを始めとする各ベントの最適化により、ダイナミクス・コントロール、低域における解像度の向上、サブウーファーのリニア特性の改善が推し進められています。

Trio11 Beのミッドレンジおよびサブ・ウーファーに採用されたクラスGアンプは、3.3 = 1 mでSPL - 118 dBというあらゆるルームに対応するに十分な音圧を、そしてSMシリーズ最大の特徴とも言うべき、ベリリウムを採用したインバーテッド・ドーム・ツイーターが、30Hz-40kHzという伸びやかな周波数特性を実現。ニアフィールド、ミッドフィールド、いずれの設置にも対応する驚くべき柔軟さを提供します。

さらに、Trio6 Be同様、フットコントロール・ペダルからリモートで3-Way - 2-Wayを切り替えることができる 「FOCUSモード機能」を搭載。いずれのモードにおいても、Trio11 Beは限りなく精密なステレオ・イメージを描き出します。


【Trio11の主な機能】
●高SPL: 118 dB @ 1m.
●FOCUS モード: リモート操作可能な3way-2wayモニター切替え
●ピュア・ベリリウム採用インバーテッド・ドーム・ツイーター: リニアな周波数特性、柔らかな指向性、優れたダイナミクス
●‘W’コンポジット・サンドイッチ・コーン工法によるウーファー、サブウーファー:自然なサウンド、低歪みを実現
●低域、中低域、高域調整をリアパネルに搭載: ルームの音響特性に最適化
●サイレント・ブロックによりミッドレンジ・スピーカー・ドライバーの分離を最適化
●歪みとノイズを極限まで抑制

■ダイナミクス、自然さ、精密さの追求


Focalのシグネチャーともいえる、ベリリウム素材を用いたインバーテッド・ドーム・ツイーターは、その完全に近いリニアな周波数特性と、細部に至る高域の描写力でTrio11 Beにも自然に採用されました。独自の特性プロファイルは、コイルからドームへ理想に最も近いエネルギー伝達を可能にし、5オクターブ 1000 - 40,000Hz、より広範な伝播をカバーする、極めて高効率なツイーター動作を実現しています。

10インチ・サブウーファーの’W’プロファイル・コーンは、剛性、軽量性、ダンピングを的確にコントロールすることで、周波数特性のいっそうの最適化を達成しました。根幹にあるこれら3つのパラメーターのバランスこそが、驚異的な普遍の中立性を保つ、Trio11のモニター・サウンドの基礎となっています。

■回転可能なバッフル・プレート


Trio11 Beのツイーターとウーファーを収めたアルミニウム・バッフル・ハウジングは、90度ごとに回転可能な構造を採用しています。バッフルの向きを変更することで、縦置き・横置き、いずれの設置にも対応します。

設置場所とルームの音響特性に合わせて、モニター・パフォーマンスの最適解を導き出すことができるでしょう。


■FOCUSモード2つのモニターを、1つのスピーカーで

Trio11 Beは、3 Wayモニターと2 Wayいずれの役割も果たすことができます。
・3-Wayモニター・モードはオーディオ帯域全体のコントロールを提供 (30 Hz – 40 kHz)。
・2-Wayモニター・モードは90 Hz – 20 kHzの帯域をカバー、限られた低域特性のシステムを想定したミックス・クオリティのチェックが可能です。











ミッドフィールド・モニターの枠に収まらない、Trio11の多彩な機能とパワー、何よりも精密かつ自然なサウンドをぜひご体感下さい。

【Focal / Trio11 Be 】
■発売日:2019年4月25日(木)
■価格 :450,000円+税(1台)

buy_now

Social

Tweet