【特別企画】ボカロPにいろいろ聞いてみた!

VOCALOID いろいろ聞いてみた。 ニコニコ 特集
いまや音楽ジャンルとして、ひとつの地位を築いたボーカロイド。

ボカロPとしても活躍しながら、楽器店でのセミナー活動を行うなど、ボカロシーンを支えるボカロPたちにお集まりいただき、曲の作り方、使用機材、ボカロシーンに関することなど、ざっくばらんにいろいろ聞いてみました!

ボカロPの本音や素顔がチラリと伺えるトーク内容です!

【今回お話を伺ったボカロPたち】

キャプテンミライさん


captain_mirai
バンド活動やアイドルへの楽曲提供を経て2008年より動画サイト上での活動を開始。完全自主制作レーベル「バイバイレコード」代表。「面白そうなことをやったら面白い」をテーマに音楽シーンを出鱈目に疾走中。好きな食べ物は海老とアボガド。中野区観光大使。

かごめPさん


kagome_p
幼い頃からピアノ・エレクトーンを嗜み、音大卒業後はレコーディングエンジニアを勤めていたはずが、ボカロのせいで2年前よりフリーターにジョブチェンジ。その後FPSに興じる日々を送るが、コミュ障のためオンラインプレイは未経験。最近ではフリーターの身分を活かし、「上海CF」「ドイツDokomi」等、様々な国内外のアニメイベントでDJを行っている。その全身を振り回すパフォーマンスとチャラい選曲が特徴と言われるが、あまり自覚はない模様。チョイ悪集団VOCALOMAKETS所属「ゆかりんは僕が育てた」
http://planariya.tumblr.com/
http://www.vocalomakets.com/


buzzGさん
buzzG
 
VOCALOID 界隈を代表するソングライター。重いギターラウドサウンドと一度聞いたリスナーの耳を話さない印象的なメロディ。それにコントラストされる、繊細で奥深い世界観を持つ歌詞が特徴的。2011年3月にビクターエンタテイメントより、「Symphony」でメジャーデビュー。その後、メジャーアルバムとして2nd アルバム「祭囃子」、3rd アルバム「Ghost Trail Reveries」、4thアルバム「Drama」をリリース。それ以外にも精力的に同人アルバムのリリースやボーカリストへの楽曲提供を行っている。


ダルビッシュPさん
devilish5150
1983年11月1日生まれ、石川県出身のコンポーザー兼ギタリスト。2009年1月、ニコニコ動画への楽曲投稿を開始する。
卓越したギターテクニックを活かした、ストレートで疾走感あふれるロックテイストの楽曲が人気となり、2012年3月に1stアルバム 「5150」(ビクター)でメジャーデビューを果たす。同年5月、TVアニメ「ファイ・ブレイン 神のパズル」2期OP「Now or Never(歌:ナノ)」の作編曲を担当。翌年の2013年11月6日、Mr.Bigなどで知られる世界的ベーシスト、ビリー・シーン(B)をゲスト に迎えた新曲「Mr.Melancholy」を含む2ndアルバム「High Gain Street」をリリース。同日には自身の楽曲をニコ動などで活躍する“歌い手”がカバーしたアルバム「chronosing」も発売される。そして、2014年4月にスタートしたTVアニメ「マジンボーン」の1期OP「Legend Is Born(歌:加藤和樹)の作編曲を担当。また音楽雑誌でのコラム連載や執筆、機材レビュー、セミナーワーク等、徐々に活躍の場を広げている。

 

SPACELECTROさん


spacelectro_
ボカロP/リミキサー/東方アレンジャー/DJであり、サークルの代表でもある。ボカロ曲のREMIXを発表し多くの反響を呼び近年では全曲をプロデュースする「EDM」を軸とした
「ボカロEDM」「東方ボカロEDM」を発売。KONAMIのBEMANIシリーズ「SOUND VOLTEX」にも収録されたオリジナル曲「second spring storm」や「スィート·デッド·ノイズ」などで、その注目度はゲーム業界でも高まっている。あえてタブーや常識に囚われない音作りは、ネット上のオーディエンスのみならず、現場のDJからの評価も高い。

 

すふれさん


souffle


ニコニコ動画マイリスト
http://www.nicovideo.jp/mylist/30401198
ツイッターアカウント
https://twitter.com/souffle_sounds


 

①駆け出しの頃の話とボカロPのコミュニティについて
②使用機材と曲作りについて
③これからのボカロシーンに向けて


 



 

■ ボカロPとしての駆け出しの頃の話を聞いてみた。みんなどうやってつながっていった…?


 

(文中は敬称略にて。)



イシバシスタッフ:「思っていたより、ボカロPさん同士での交流があるみたいなんですけど、
みんなどんな風につながっていったんですか?曲のジャンルとか?」

かごめP:「時期ですよね。」

キャプミラ:「始めた年代が近いと、仲が良いことが多いですよ。僕とかごめさんは共通の知り合いが多いんですよ。」


かごめP:「あー、確かに多いですね。」


ヤマハスタッフ:「知り合っていくっていうのは、そういうのって、ボーマスとか、ああいうイベントで声かけ合うの?」

(ボーマス:ボーカロイド マスター。ボーカロイド専門の同人即売会。)


キャプミラ:「そうですね。あとは、初めたてのころって、まわりに敏感なんで、どんな人が出てきたか調べたり、曲をチェックしたりして、積極的に交流するんですよ。



ヤマハスタッフ:「積極的に交流っていうのは、具体的にどうやるの?」



かごめP:「ツイッターですよね」



キャプミラ:「今だとツイッター、当時は、ピアプロ(コンテンツ投稿サイト)。あと何があるかな、、」



かごめP:「あとあれじゃないですか、、、にゃっぽん!」




イシバシスタッフ:「にゃっぽん??」


ダルP:「ボカロP版のミクシィみたいなSNSが当時あったんですよ。」



イシバシスタッフ:「へぇー」



かごめP:「同時のボカロシーンをとても支えていたんですよ。個人運営でやっていて。でも、管理が追い付かなくて閉鎖しちゃったんですよ。」


キャプミラ:「あとは、ボーマスのあとのアフター(打ち上げ)ですよね。ボーカロイド界のメガ幹事みたいな人が歴代いて、3代目くらいまで知ってます。今、たぶん4代目か5代目かと思ます。100人単位のアフターを仕切ると認められるんですよw」



イシバシスタッフ:「ボーマス終了後にそんのやってんすか!アフターっていうんですね笑」



ヤマハスタッフ:「おれが知ってるアフターとはだいぶ違うぁ…w」



ダルP:「そっちのアフターじゃないですwwwwww」



ヤマハスタッフ:「あ、そんなことしてるんですか?笑」


ダルP:「なんで僕に振るんですか!!!w」



《一同爆笑》



ダルP:「でも当時は、本当に盛り上がるのが好きというか、アフターが好きな人も多かったですよねー」


かごめP:「そう、イベントを通じて仲良くなる、学校のクラスみたいに、時間とともにグループができていくそんな感じでしたよね」



ダルP:「そうそう、そうやって集まったメンバーで、コンピレーションアルバムを出したりしてる人もいましたね」



イシバシスタッフ:「世代によって、交流の仕方というか、繋がり方も変わってきそうですね。」



ヤマハスタッフ:「ボーマス終了後に繋がりを作ったり、いまは、そういうのないの?」



かごめP:「ありますよ。ただ、人数が増えすぎちゃって数えられないくらいのグループになっています。」



キャプミラ:「あと、若い子もどんどん参加してきているので、低年齢化してます。未成年も相当多いと思います。」



イシバシスタッフ:「それだけ、ボーカロイドが世代を超えて広まっているんですんね!



かごめP:「今、熱心に頑張っているのは、22か3(歳)くらいのように思いますね



ダルP:「その印象はありますね!」

かごめP:「夢を持ってやっている、っていうか…」


キャプミラ:「夢系だよね。」



一同:「wwwwwwwwww」


イシバシスタッフ:「他に何系があるんですか?」


キャプミラ:「いわば趣味系だったですよ。(黎明期は)面白くてやっていたんですけど、(今は)それで大成功したボカロPたちの活躍を見た若い世代が、自分達もあぁなるぞ、っていう意気込みを感じるんですよね。」


かごめP:「あの頃は、有名無名関係なくつるんでましたよね。あのとくPもいましたしね。」



キャプミラ:「そうそう。まさにとくPは同世代なんですよ。ちょうど僕は、ボカロPを世代で分けると2世代目なんですよ。1世代目には、ryoさん(supercell)とか、kzさんっていうすごい人たちがいて。

そのあと、buzzGさんがきて、ダルさんかごめさんとかが来る感じですかね。そのあとは、ちょっとどう分類していいかわからないけど。」



《このあとしばらく、本座談会にまだ到着していないbuzzGさんの武勇伝で一同盛り上がる。※残念ながら内容はお伝えできません…。》



ヤマハスタッフ:「スペースレクトロさんは、(はじめて)どれくらい?」


かごめP:「最近入ってきた印象ですよね。」


レクトロ:「3年くらいです。もともとバンドで少しベースをやってたんですが、やっぱりクラブミュージックが好きで、今みたいになりました。」


イシバシスタッフ:「すふれさんは、どんな感じでボカロはじめたんですか?」

かごめP:「結構、長いよね」


すふれ:「んー作曲のお仕事は、少しやってたんですけど、ニコニコ見て、「あー楽しそうだなぁ!」って思って、やっちゃったら(投稿したら)、わぁーってなっちゃって、、、


一同:「わぁーってwwwwww」



イシバシスタッフ:「そうなんですね。じゃあここで、みなさんが使っている機材、教えていただけますか!」



 

 ■ さすがプロ!使用機材と曲作りについて


 

イシバシスタッフ:「じゃあここで、みなさんが使っている機材、教えていただけますか!」

 

キャプミラ:「環境はみんな、Cubaseじゃないの?」

 

イシバシスタッフ:「率直にどうぞ!笑」

 

かごめP:「DAWは…、Studio One、マスタリングはMAGIX/Sequoia(セコイア)です。オーディオインターフェースは、LYNX/HILOです。ちなみにディスプレイは、4kですw。Cubaseを表示させた場合は、こんな感じになります」

kagome_studio_1

▲かごめPさんのスタジオ。モニタースピーカーは、TIMEDOMAIN(タイムドメイン)。

インターフェースとケーブル、セッティングのチューニングを施し、ウーファーが必要ないくらいまでの低音が見えるようにしているとのこと。

kagome_studio_2

▲ラックの上が、Lynx Studio Technology/HILO。

ラックの中にはAPOGEE/ROSSETTA200やSPL/STEREO VItalizer MK2-T も。

 

 

レクトロ:「僕はCubase使っています。オーディオインターフェースは、RME、モニタースピーカーは、GENELECです。ソフトシンセは、nexusとか「Sylenth1(サイレンスワン)、MASSIVE(Native Instruments)とか使ってます。」

 

 

キャプミラ:「僕はほんとシンプルなんですよ。ソフトは、Cubase、オーディオインターフェースは、PreSonus、イベントのモニタースピーカーです。」

 

 

ダルP:「僕は、Mac環境でiMacの27インチ、基本的にYAMAHA、Steinberg製品がほとんどですよ。」

 

ヤマハスタッフ:「ありがとうございます!」

 

ダルP:「DAWはCubase、モニタースピーカーは、MSP5 STUDIO 、コントローラーのCC121も使ってます!インターフェースは、RMEです。」

devilish_studio_1

▲ダルビッシュPさんのスタジオ。YAMAHA、Steinberg製品を核とし、ギタリスト向けのラック機材が並ぶ。

devilish_studio_2devilish_studio_3 devilish_studio_4

▲使用しているギターに加え、ラックには、LINE6/POD X3 PROや持ち運びも便利な定番Roland/UA-55

ラック上部にRME/FIREFACE UFXとFractal Audio Systems / Axe-Fx II XL

 

 

 

buzzG:「DAWソフトは、Cubaseでインターフェースは、FIREFACE UC。モニタースピーカーは、GENELEC 8030。以前は、YAMAHA MSPを使っていました。」

buzzG_studio_3

▲buzzGさんのスタジオ。

buzzG_studio_2

▲RME/FIREFACE UC  と  AVALON DESIGE / U5 BLACK

buzzG_studio_1


すふれ:「DAWは、Cubase、オーディオインターフェースは、AUDIOGRAMです。AUDIOGRAMは、まだ機材の選び方がわからなかった頃にYAMAHAなら間違いないって思って買ったんです」

 

ヤマハスタッフ:「ありがとうございます!」


souffle_studio_1
▲女性らしさ漂うすふれさんのスタジオ。ふなっしーの姿も。



イシバシスタッフ:「YAMAHAから出ている歌声ライブラリは、どう思いますか?」



かごめP:「ZOLAが好きです。WILくんの声を聞いた時は衝撃を受けました。ロキノン(ROCKIN'ON)には一番合う声だと思います。」


80-581370300_l80-581348600_4ハスキーボイスが特徴的なWIL(ウィル)

 

キャプミラ:「YAMAHAのライブラリは、基本的に全部使い勝手がいいですよね。それこそ、ZOLAとかVYシリーズは使いやすいよね。」

 

 

80-581393000_l

新発売のVOCALOID4 Library VY1V4




イシバシスタッフ:「使い勝手がいいっていうのは?」

 

 

 

キャプミラ:「簡単に、きれに発音できて、クオリティの高いボーカルトラックが作成できるんです。」

 

 

 

ヤマハスタッフ:「キャプミラさんは、調教がうまいですよね

 

 

 

キャプミラ:「使いにくいライブラリワースト3 に入りそうな鏡音リンを使ってますからねw。その分おもしろいんですけど。」

 

 

 

イシバシスタッフ:「みなさんさすがですね!曲を作るときは、どういったところからインスピレーションを得るんですか?

 

 

 

かごめP:「基本トラック重視の人間なんで。既存曲のトラックのつくり方を参考にする場合が多いですね。自分の性に合っているなぁって思うのは、フランスのポップスなんです。参考にして作った曲は、再生数が伸びましたね。」

 

 

レクトロ:「色々パターンがあるんですけど、水の音を聞いて、それがメロディに聞こえることがありますね。

 

 

 

すふれ:「わぁ、素敵♡

 

 

 

イシバシスタッフ:「水!?」

 

 

 

キャプミラ:「あります。あります。トイレで水を流しても、それが歌詞に聞こえることがありますよ!」

 

 

 

レクトロ:「自然が好きなんで、歩いてて木を見ると曲のイメージ(メロディとサウンド)が浮かぶことがあります。あとは夢の中でできていたりとかもありますね。EDMの曲だと、踊っているところを想像して、どういうパートだと、踊ってくれるかなぁ、とか考えながら作りますね。」

 

 

キャプミラ:「僕もサウンド思考で、音から入ることが多いですね。ベースのエンベロープを書いてみて、あ、これ面白いなと思ったら、じゃあ次はこの音だ、みたいにパズルのように作る感じですかね。世代的に80’sの影響はありますね。」

 

 

ダルP:「僕はもともとギター弾きなので、リズムを鳴らしながらギターを弾いて、かっこいいと思えるものができるまで弾き続ける感じですね。もちろん、小説とか映画からテーマが来ることもあります。」

 

 

 

buzzG:「みんなサウンド重視ってことなんですけど、逆で、歌詞とメロディありきですね。サウンドとかアレンジは、引き立たせるもの何かでしかないと思っています。僕も夢の中で出来ていることありますね。」

 

 

ダルP:「(buzzGさんの曲)サウンド重視じゃないっていうわりにはサウンドいかついですよね。」

 

 

キャプミラ:「確かにソングライティング的な要素も感じるし、ギター少年というか、ギター大好きな要素も感じますよね。」

 

 

 

すふれ:「とにかくメロディですね。対位法とかを考えたり。オケの制作は、いろんな人とコラボして作ってます。夢で鳴ってた音楽がもとになってたりしますね。」

 

 

ヤマハスタッフ:「夢で見るくらいだから、常日頃から相当曲作りのこと考えてるんですよね?」

 

ダルP:「最近、締切のことばかり考えていますwww」

 

buzzG:「締切をどう伸ばすか、をねwww」

 

ヤマハスタッフ:「そもそも締切ってサバ読んでるもんね。どーせ遅れるだろうって笑」

 

 

イシバシスタッフ:「では、最後にこれからのボカロシーンについて思うことを教えてください!

 



■ これからのボカロシーンに向けて

 

 

イシバシスタッフ:「では、最後にこれからのボカロシーンについて思うことを教えてください!とかく再生数が伸びない時代だ、なんて言われていますけども…。

 

かごめP:「この2年で何をやるかが勝負だと思いますね。本当にみんな、再生数が伸びないって言うんですよ…」

 

キャプミラ:「投稿(アップ)数が、多すぎるっていうのもあるし、1点集中型だよね。」

 

ダルP:「あと、(全然気にしないですけど)なんとなく、終わらせたがっている人たちもいる気がするwww」

 

 

イシバシスタッフ:「えぇぇぇえええ!!!???」

 

 

ヤマハスタッフ:「成功した人が、うらやましいんじゃないの??」

 

 

かごめP:「初期にボカロを始めた人だちが、今のボカロをみて『こんなのボカロじゃねぇ』ってディスり始めるんですかね。」

 

 

キャプミラ:「そういう層は確かにいるかもね…」

 

 

イシバシスタッフ:「でも、そんな中、VOCALOID 4も発表されましたからね!」

 

 

かごめP:「先日の発表会は、良かったですよ。安心しました。まだまだ大丈夫だって。」

IMG_0619

▲11月渋谷で行われた「VOCALOID新製品発表会」

 

ヤマハスタッフ:「(ニコ生の)コメント数もすごかったもんねぇ!」

 

 

ダルP:「まぁでも言うて、まだ若い文化だと思うんですよ。まだまだ発展する余地はあると思います。」

 

 

すふれ:「私が思うのは、今までの音楽業界って、限られた人たちで作られたもの(狭い世界)だったじゃないですか。でも今は、みんが集まって、みんなで作るものじゃないですか。それって、すごい素敵なことだと思うんです!

 

 

カゴメP:「よく言いますけど、ボーカロイドって、作曲家が主役になれる場所なんですよね。」

 

 

イシバシスタッフ:「これからの目標とかありますか??」

 

 

buzzG:「最近も曲上げたばっかなんですけど、やっぱり再生数伸びないんですよね…。再生数が伸びないと、気持ち的にガクってときちゃって、それって何なんだろうって考えた時、下っ端にいたはずのに、急に再生数が伸びて、変に自尊心が高まり過ぎちゃって…。(再生数が伸びないと)恥をかいたみたいな気持ちになるんですよ…。」

 

イシバシスタッフ:「でもそれは、イコール楽曲のクオリティではないですよね?」

 

buzzG:「ですけど、どこか恥をかかないようにって、かかないようにって、少なからずやってた部分があったんで。そういう気付きを踏まえ、また何もないところから一から始めるつもりで新しいことをやってみたい思ってます。」

 

ダルP:「ボカロに関しては、メジャーでしかアルバムを出したことがないんで、共作している仲間と初の同人アルバムというか、コンセプトにそったアルバムを作りたいです。」

 

キャプミラ:「昔からの夢は、だれも初音ミク聞いてないのに、一人だけやってるんみたいのが面白いかなーって思ってたんです。『おい、おまえ今だに初音ミクかよ!?w』みないな。ボカロを始めた時は、10年後はそうなるだろうって思ってたんですけど、いまだにその気配感じないですよね。」

 

イシバシ:「むしろ勢いが増す7年間でしたしね。」

 

レクトロ:「ずっと昔からダンスミュージックを作ってきたので、これからも作り続けていきたいです。」

 

かごめP:「おかげ様で、相当いろいろな仕事やらせてもらえたんで。逆に何も縛られないで、自由にやれたらいいかなって思います。」

 

 

すふれ:「自分がいいなぁって思うもの、好きなものと向き合って、(音楽を)作っていきたいなぁって思います!」

 

 

イシバシスタッフ:「これからも、ボカロシーン盛り上げていきたいですね!みなさん、今日は、ありがとうございましたー!」

 

 

 


--------------------------------------------------


1/5:ボカロPの発言内容(意図)と異なる表現箇所の修正をしました。

Social

Tweet