Sonar新シリーズの仕組みについていろいろ聞いてみた。

DTM いろいろ聞いてみた。 イベントレポート 特集
東京・八重洲のGibson Show Roomにて、発表会が開催されており、

新制度についていろいろ聞いてみました。

 

昨年から、次期バージョンにて、サブスクリプション(年会費)制に移行することが表明され、

何かと取り沙汰されていたDAWソフトのSonarシリーズ。

 

サブスクリプション制に移行するにあたっては、兼ねてからいろいろ噂が飛び交っていました。

 

「年会費払わないと、使えなくなるのか!?」とか
「年会費払わないと、アップグレードの際、いちから買い直さないといけないの!?」 など…。

 

でも、ご安心ください! 今回の制度、噂よりは比較的良心的なものになんですw

 

 

まずは、SONAR新シリーズを入手するには以下2つの方法があります。

 

①お店(楽器店)でパッケージ版買う
②本国サイトからダウンロード版を購入する

 

②のダウンロード購入は、①のお店で買うより、1万円~1万5千円くらい高くなる予定なので、
お店(楽器店)で買う方がお得です!(是非イシバシ楽器で買ってください)

 

パッケージ版の箱の中には「日本語マニュアル」と「ライセンスカード」が入っています。

DVDなどのメディアは入っておらず、メーカーサイトからダウンロードする形になります。

(まぁやっぱりダウンロードする形にはなるんですが、日本語マニュアルもつきますので、ここは是非パッケージ版をお求めください)

 

1、メーカーサイトより、専用ソフトウェア Cakewalk Command Center(無料) をダウンロード、
2、パッケージに同梱されているライセンスカード記載で、シリアルナバーを入手、
3、ダウンロード可能になります

という手順です。

Command-Center-Get-Started

▲ライセンスを管理する「Command Center」。

アップデートが日々行われますが、任意のバージョンに戻ることも可能。

(https://www.cakewalk.com/Command-Center)

 

それでは、新シリーズのラインナップを見てみましょう。

SONAR_NEW

 

▲左からPLATINUM、PROFESSIONAL、ARTIS

 

【通常版】
製品名/税込販売価格(予定)/発売時期
●SONAR PLATINUM  ¥59,400  3月上旬
●SONAR PROFESSIONAL ¥27,000 3月上旬
●SONAR ARTIST ¥14,040 3月上旬

 

【アカデミック版】

製品名/税込販売価格(予定)/発売時期

●SONAR PLATINUM アカデミック ¥42,120  3月下旬
●SONAR PROFESSIONAL アカデミック版 ¥17,280 3月下旬
(SONAR ARTISTにアカデミック版はありません)

 

価格帯は従来とほぼ同じです。
製品名に「SONAR 8」とか「SONAR X3」のような、バージョンを表す数字がなくなりました。
新制度移行に伴い、バージョンという考え方をなくしています。

 

気になる新制度、その式仕組みですが、「サブスクリプション制」ではなく、
SONARでは、「メンバーシップ制と呼んでいます。

 

DAW業界では、毎年冬に大幅なバージョンアップが行われてきましたが、
今後SONARでは、新機能の準備ができ次第、逐一配信するとのこと。

 

SONAR新バージョンを購入、アクティベーションした後、1年間は、

新機能の配信(いわゆるバージョンアップ/アップデート)、およびメーカーサポートが、

無償で受けられます。(メンバーシップライセンスが1年間有効、という言い方になります)

 

で、使用開始から1年たったら…

 

メンバーシップライセンスを更新するかどうか、を選ばなければなりません。
(ライセンスの更新作業は、メーカーサイト「Cakewalk Store」で行います)

 

≪更新する場合≫
ライセンスを有料(優待価格)で購入することで、引き続き新機能の配信と
メーカーサポートが、無償で受けられます。

 

購入は、
「一年ライセンス=アップフロント購入」と
「月単位ライセンス=マンスリー購入」があります。

 

どちらも申込時は、1年分の料金で申し込むかたちになりますが、
マンスリー購入の場合、途中退会が可能で料金の払い戻しが受けられます。(手続きは面倒だとおもいますが…)

さて、気になる料金は

月額2,000円程度、一括(アップフロント)決済ですと、もうすこしお安くなるよう、調整中とのこと。

一年間で24,000円程の見通しになりますので、いままでの年に1回のバージョンアップ方式と金額的に大きな相違はないと言えます!

 

(また一度申し込んだライセンスは、特に何もしなければ自動更新されるようです)

 

 

≪更新しない場合≫
引き続き、ソフトは使用できます。(その先もずっと使用できます)
ただし、新機能の配信とメーカーサポートが、受けられなくなります。

 

【ここが重要】

使用開始から1年後、メンバーシップライセンスを更新しなかった場合も、
優待価格でいつでも再開することができます。
(一度更新しなかったからといって、最新バージョンにするのに、一から買い直す必要はないんです)

 

「1年使ってみたけれど、この先どしようか、、、。
お金払いたくなし、このままでいいや、、、、。
(数か月後…)
うぉおおお、この新機能欲しい!!!」

 

という状況になれば、メンバーシップライセンスを更新することで、最新の機能が得られます!

 

この場合も、メンバーシップライセンスの再開にあたっては、月額2,000円程度の見通し、とのこと。

 

-既存ユーザーの方は…-

2014年12月1日以降に、SONAR X3 をお買い上げ、アクティベートしていただいたお客様は、
無償で新シリーズへのバージョンアップが可能です。

 

SONAR  X3  Producer    ⇒ SONAR PLATINUM  へ
SONAR  X3  STUDIO      ⇒ SONAR PROFESSIONAL へ
SONAR  X3 ESSENTIAL ⇒SONAR  ARTIST へ

 

新シリーズが、現「X3」より安くなることはない、とのことなので、

購入を考えている方は、今買っても損はありません。特に機能がフルにあるSONAR X3 Producerがおすすめです。

 

この商品のご購入

 

 

2014年12月1日以前からご使用いただいている方は、残念ながら、新シリーズへのバージョンアップは有償となります。

 

しかしながら

PLATINUMへのバージョンアップは、25,000程度、

PROFESSUINALへのバージョンアップは、15,000程度 になる模様。

お持ちのバージョンが何であるかは、問わないとのことで、古いバージョンをお使いに方は、

非常にお買い得になりそうです。

SONARに関しては、「X」シリーズにせず、「8」などのバージョンのまま使っている方も多いとおもいます。
SONARを今後も使い続けたい方は、やはり、この機に最新版にしておく方がよさそうです!

 

ちなみに、バージョンアップは本国サイトでの申込となります。

いま持っていらっしゃるレジストレーションコードが必要になります。レジストレーションコードは、

登録メールアドレスと紐づいて管理されています。

メールアドレスの変更があった方は、一度登録内容を更新する必要がありますので、
バージョンアップ前に、一度TASCAMへお問い合わせをしてみてください。

 

まぁいろいろややこしいことになっていますが、皆様いかがでしょうか。

 

「ユーザーに快適さを提供できる仕組みにするため、十分にマーケティングを行ってきた。

新制度になったことで、ユーザーの要望に対しても柔軟に対応できるようになるし、

今まで以上に新機能の内容やアップデートのスピードが向上します。

ユーザー自身も快適さを感じてもらえるようになります。」 とcakewalk、MICHAEL HOOVER社長。

IMG_2554

▲cakewalk社 MICHAEL HOOVER社長。

 

 

新しいバージョンの機能紹介は、追ってレポートしますが、
プラグインの増加や変更というよりは、操作性が向上する機能を盛り込んだ感じです。

「あまり派手なものはないです」とTASCAM担当者は言うものの、

 

・DSDフォーマットのインポート、エクスポートに対応
・ミキサーのシーンメモリのようなミックスメモリ機能
・スクロール可能なコントロールバー
・複数のボーカルパートの発音のタイミングを合わせられる「Vocal Sync」機能
・インパレスレスポンスのリバーブ搭載
・Addictive Drums2収録

 

など、わりと魅力的な新機能も装備!

 

このあたりは、続報を待たれよ!

Social

Tweet