ProTools 12 ご購入システムについてざっくりと。

DTM サポート情報
ProTools 12 がいよいよ発売開始となりました。(※価格等情報は、2015年04月24日時点のものです)

サブスクリプションへの移行が発表され、「購入を検討していたが、いろいろややこしそうで…」というお声もしばしば。

そこで、ProTools 新バージョン「12」について、ざっくりご説明したいと思います。

◆2つの利用方法◆
「永続ライセンス」「サブスクリプション」の2つです。

・「永続ライセンス」⇒1年間の無償アップグレード&サポートの権利(ライセンス)付き、ライセンスが切れてもソフトは使えます。
・「サブスクリプション」⇒1年間の無償アップグレード&サポートの権利(ライセンス)付き、ライセンスが更新しないとソフトが使えません。

商品のラインナップは以下です。


①PROTOOLS永続ライセンス(年間アップグレード/サポートプラン付):113,400円
②年間アップグレード/サポートプラン:23,652円
③年間アップグレード/サポートプラン 学生/教員向け:11,772円
④年間アップグレード/サポートプラン 教育機関向け:11,772円
⑤PROTOOLS永続ライセンス(年間アップグレード/サポートプラン付)学生/教員向け:37,800円
⑥PROTOOLS永続ライセンス(年間アップグレード/サポートプラン付)教育機関向け:37,800円
⑦PROTOOLS年間サブスクリプション(年間アップグレード/サポートプラン付):37,800円
⑧PROTOOLS年間サブスクリプション(年間アップグレード/サポートプラン付)学生/教員向け:12,528円
⑨PROTOOLS年間サブスクリプション(年間アップグレード/サポートプラン付)教育機関向け:12,528円

①は、1年間の無償アップグレード及びサポートがついた「PROTOOLS」です。1年経ったあともソフトは使用できますが、②を購入しない限り2年目以降、アップグレード及びサポートは受けられません。②を購入し続けてライセンスを継続させないと(一度ライセンスを切らしてしまうと)、再開することはできず、アップグレード/サポートを受けるためには、もう一度①か⑦の再購入が必要になりますのでご注意ください。

②は、①用の1年間有効なアップグレード及びサポートのプラン(権利)です。①をご購入の方が2年目以降、サポートとアップグレードを受けるにはこちらを毎年購入し続ける必要があります。

なお、PROTOOLS9, 10, 11, Pro Tools MP(Essential版除く)Pro Tools Express(Avid製品に付属していたものに限る)ユーザーは、2015年12月31日まで、購入&アップデートし、永続ライセンスを入手できます。

③④は、②のアカデミック版(生徒/教員用、教育機関用)です。

⑤⑥は、①ののアカデミック版(生徒/教員用、教育機関用)です。

⑦は、1年間の無償アップデート及びサポートがついた「PROTOOLS」です。1年経ったあとソフトは使用できなくなります。なので、もう一度同じものを買って、もう1年、無償アップグレード及びサポートを受けるようなかたちになります。

⑧⑨は、⑦のアカデミック版(生徒/教員用、教育機関用)です。こうしてみるとアカデミック版はずいぶん割安になっています。

また、ELEVEN RACKに付属するPROTOOLSは、の永続ライセンスになります。本体+永続ライセンスが入手できるのでお買得です。サポートを受けるためには、別途

◆これから購入する方は…◆

「永続ライセンス」と「サブスクリプション」、どっちがご自分に合うか気になるところだと思います。
「この先、何十年もProtools使うことが確定している」とか「サポートアップグレードは一切不要だ」というようなケース以外は、たいていのお客様が「サブスクリプション」を利用することになるかと思います。

サポートと無償バージョンアップを毎年受け続ける(ライセンスを継続し続ける)とすると(通常版で試算)…
pt12_es
6年使用しても「サブスクリプション」の方が安い計算になります。サブスクリプションは、毎年、PROTOOLSを(サポート&無償バージョンアップ付)で購入する形なので、使わなくなったら、買い直すのをやめればよいですし、買いたいときはまた37800円で購入可能です。

これまで、DAWソフトは毎年冬に大掛かりなバージョンアップが行われていましたが、このような方式では、「都度、新機能を更新(アップデート)する」という発想です。これは、使う側としても自然にソフトウェアの仕様変更に馴染んでいくことができますし、ソフトメーカーとしては、運営上このような方法を取る方が効率がよく、サポートや、新機能の開発に注力しやすくなります。

新しくなったProTools。特に、学生さまはお安いアカデミック版の購入(⑧番)が可能なので、是非これを機にPROTOOLSの導入を検討してみてはいかがでしょうか!

ご購入・お問い合わせはイシバシ楽器各店デジタルフロアまで!

Social

Tweet