(だいたい)5分でわかる!|MONTAGEのすごさを体感できる音色はこれだ!

トップページ1 特集
5月2日の発売が迫るYAMAHA 新フラッグシップシンセサイザー「MONTAGE」(モンタージュ)。

Montage-Design3

8オペ、128音ポリ仕様、88のアルゴリズムを持ち「DX7」を超えるFM音源「FM-X」音源や、MOTIF XFの約10倍のウェーブメモリー(約7.5GB=プリセット5.67GB、ユーザー1.75GB)を有する「AWM2(Advanced Wave Memory2)」音源に加え、それらの音源を卓越した表現へと導くMotion Control機能(Super Knob、Motion Sequencer、Envelop follower)。

ただただそのポテンシャルに圧倒されております。

語っても語りつくせないほど、奥が深いシンセサイザーですが、店頭で試奏される際やご購入直後に、MONTAGEのMotion Control機能のすばらしさを手早く体感できる音色を中心に紹介したいと思います。

MCSE3

Motion Control機能
-Super Knob:多次元変化を生むコントローラー
-Motion Sequencer:様々な音色変化をシーケンスに組み込む
-Envelop follower:オーディオ入力をトリガーにして、パラメーターを変化させる仕組み

Montage-Design5

 
「Mr.Side Chain」

電源を入れてすぐ、LIVE SETの2ページ目の「Mr.Side Chain」という音色。


Super Knob」を回すことにより、音色が変化していくのがお分かりいただけるかと思います。ここでは手で回すのではなく、足元に接続したフットコントローラー「FC-7」で操作しています。「Super Knob」は、複数のアサイナブルノブにアサインされたパラメーターを一度にコントロールすることができます。

86F73E6A3EC14F14BF8457487643D369_12073
▲フットコントローラー「FC-7」

そして、この音色では、EDMをはじめ、昨今の音楽で多用される「サイド・チェイン」をMONTAGEで演奏することができる点をご紹介したいと思います。

montage_TONE (4)

音色の構成(8パート)は、アナログシンセ系のパッド×1、アルペジエーターのシーケンス×2、シンセベース×2、ドラム×2 といった感じ。
で、メインの音色になるアナログシンセ系のパッドにサイド・チェインがかかっているのですが、エフェクト画面にその答えがあります。

montage_TONE (1)

「VCM Compressor 376」というコンプがシンセの音色に割り当てられており、シンセ音色にエフェクトがかかっています。
「サイド・チェイン」は、通常ベースやキックの音に追従させることが多く、いわゆる打ち込みで作る音楽の手法でありますが、MONTAGEでは、任意のアサインが可能です。「何をトリガーにしてこのコンプをかけるか?」というもので、ここでは「Part7」と設定していますが、それ以外にも、オーディオ入力をトリガーにして、パラメーターを変化させる仕組み(Envelop follower)を持っているので、たとえば、バンドでのライブでドラムのキック音を割り当てる、なんてこともでき、生演奏のなかでも「サイド・チェイン」を使うことができ、音楽の可能性が広がりますね。

 
Motion Filters AF」


MONTAGE の代表的な機能、「Motion Sequence」により、リズミカルにそして複雑に音が変化していきます。この音色­では、2種類のフィルターがアサインされています。

 
「Warped Bass Traxx」


LFOをフィルターの激しい変化がお分かりいただけるかと思います。
8オペレーター、88アルゴリズム、最大同時発音数128音という仕様のFM-X音源は、旧来のDXのようなサイン波、ノコギリ波などの基本波形を元に音作りする事に対し、7つの基本波形を2つのパラメーターで変化させた多彩な倍音構成の波形をオペレーターの波形として使うことで、より幅広い音作りを可能にしています。旧来のFM音源を以前よりも簡単に奥深く扱えるだけでなく昨今のクラブミュージックなどでも多様される強烈な音色の変調も得ることができます。

 
CFX+FM EP



CFXのピアノからFM-Xのエレピを足していく感じで演奏しています。足元のフットコントローラー(FC-7)を使いスーパーノブをコントロールさせています。

MONTAGEにはYAMAHAフルサイズのコンサートグランドピアノCFシリーズのフラッグシップモデル「CFX」の音色を搭載。

13143_12086_1

なんといってもこのピアノ音色は演奏していて本当に気持ちがいいです。ステージピアノ「CP4 STAGE」にも搭載された音色ですが、「CP4」は、8エレメント構成に対し、「MONTAGE」18エレメント構成でよりリッチなサウンドになっています。繊細な音色からパワー感ある低音までとにかく響きが美しく、ダイナミックレンジが広いのが特徴です。そして、FMのエレピ。コンテンポラリーミュージックで多用され、名作、名演を生んだFM音源を代表するエレピ・サウンド。再現に留まらずFM-X音源によって深みのあるリッチなトーンに仕上がっています。

Montage-Design6
開発段階から、数々の著名なミュージシャンが「MONTAGE」に携わり、そのすばらしさについて語っていますが、多くの方がこう言っています。

「まだ、 MONTAGE のすごいことろのほんの一部しか使っていない。」

かつてのように、新しい楽器(機材)が新しい音楽ジャンルやスタイル(手法)を作りだすのではないか…?

そんな無限の可能性を秘めているシンセサイザー、それが「MONTAGE」です。

さぁ、いよいよ発売です!思う存分お試しくださいませ!

【YAMAHA/MONTAGE】
■発売日:2016年5月2日(月)
■価格 :
MONTAGE6:¥320,000+税
MONTAGE7:¥350,000+税
MONTAGE8:¥390,000+税

buy_now

↓イベント開催します!
montage_dtmers-img

Social

Tweet