可搬性と入出力を拡張|Roland、「DJ-707M」を発表!

DJ トップページ1 新製品情報
Rolandから「DJ-707M」が発表されました。



「DJ-707M」機能性と可搬性の完璧なバランスの元に設計された4チャンネル、4デッキのSerato DJ Proコントローラー。コンパクトなパッケージで大量のコントロールとI / Oを提供し、大規模および小規模のパーティー、クラブ、イベントで活躍するプロのDJに最適です。DJ-808とDJ-505を含む最先端のラインナップとして、DJ-707Mは悩みを持つあらゆるDJの要求を満たすために作られたユニークかつ強力なコントローラーです。非常に用途の広いDJ-707Mは、サイズ、接続性、およびそのクリエイティブなツール・セットを通じて、あらゆるシーンに適応します。



【特徴】
●7つの入力と3つの割り当て可能な出力を備えた多用途4チャンネル・コントローラー。
●出力にはバランスXLRおよびRCAのステレオ・マスターアウトに加えステレオ・ブースアウトとゾーンアウトを装備。
●独立した3バンドEQに加え、リバーブ、エコー、オートピッチなどから選択可能なエフェクトを備えた高品質のデュアルXLRマイク入力。
●明快、かつ使い勝手の良いコントロールパネルとLCDディスプレイ。
●別々のコンピュータから複数のSeratoをセッションできるデュアルUSB入力。
●即興でのリミックスや楽器伴奏のための内蔵TRリズム・パターンを収録。
●エネルギッシュなパフォーマンスのための即戦力ワンショット・サウンド・エフェクトを搭載。
●スタンド・アロン・ミキサー・モードでは、ライン入力とフォノ入力に接続された機器やターンテーブルを使用可能。 Serato DVSアップグレードにも対応。
●Serato DJ Proと外部機器を同期させるためのMIDI出力を装備。


▲リア・サイド インプット端子

DJ-707M は7 つのインプットを搭載し、ヴォーカルや外部楽器を接続した大掛かりなセットアップも可能に。またデュアルUSB 入力により、最大2 つのSerato を別々のコンピュータで実行でき、DJ プレイの交代や、バックアッ
プPC との交換もシームレスに行えます。音楽再生用のiOS デバイスをUSB の1 つに接続することで、緊急時に無音にならない様に対策をすることもできます。


▲トップ・パネル ボーカル・エフェクト部

DJ-707M の高品質デュアルXLR 入力チャンネルは、ボーカリストやMC に最適です。 3 バンドEQ とアンチ・フィードバックにより、どんな状況でも音声を安全かつ効率的に制御。各チャンネルには、独立したゲイン、ローカット・スイッチ、およびノイズ・ゲート、さらに専用エフェクトとして、クリーンなリバーブやディレイに加え、キーベースのオート・ピッチやオート・ダッキングを搭載しています。




【Roland/DJ-707M】
■発売日:2019年8月31日(土)
■価格 :105,000円+税

buy_now


Social

Tweet