最大32bit対応!|Steinberg、USB3.0(Type-C)のオーディオインターフェース UR-C シリーズを発表!

DTM トップページ1 新製品情報 音楽配信機材
SteinbergからUSB3.0(Type-C)に対応したオーディオインターフェース「UR22C」「UR44C」「UR816C」が発表されました。



最新仕様のコンピューターに対応するほか、転送速度や電源供給量が増し、高音質や高機能を実現。バスパワーでDSPエフェクトが利用できるようになりました。

▲UR22C

▲UR44C


▲UR816C


▲UR22Cとヘッドホン、コンデンサーマイクがセットになった「UR22C Recording Pack」

 
最大32bit録音再生可能



32bit整数の圧倒的な情報量により演奏を正確に捉え音のディテールを再現します。また、32bit/192kHz録音再生に対応したCubase AIが付属(ダウンロード)していますので、購入してすぐにハイレゾの音源制作を始められます。


 
USB 3.0(USB Type-C)対応



USB Type-C端子を装備するだけでなく、USB 3.0 (USB 3.1 Gen 1) SuperSpeedモードに対応。転送速度や電源供給量が増すUSB 3.0(Type-C)は、高音質や高機能を実現するUR-Cの原動力となっています。


 
全機種dspMixFxテクノロジー対応



レイテンシーフリーのモニタリング環境やDSPエフェクト処理を実現するdspMixFxテクノロジーがUR22Cを含む全機種で利用できます。しかも、UR22CとUR44Cはバスパワーで利用できます。(※UR44Cでバスパワー駆動する場合は市販のUSB 3.1 Type-C to Type-Cケーブルが必要です)


CubaseでのDSPの操作は、最も頻繁にアクセスするプロジェクトウィンドウのインスペクターから行え、Cubase起動時にdspMixFxミキサーアプリケーションでの操作も可能です。


 
その他特長



●全モデル共通
・新開発のカスタムチップ「SSP3」によりDSP処理能力アップ
・「SSP3」と最新ドライバーの組み合わせによりレイテンシーを低減、また安定性も向上
・ヘッドホンアンプの出力向上
・ダークグレーと黒のツートンで落ち着いた雰囲気に仕上げた外観
・大型化し、周りにLEDを採用したことで、暗い空間でも音量調整がしやすいボリュームノブ

●『UR44C』『UR816C』
・PC用アプリケーション「dspMixFx Remote Bridge」の対応
→Wi-Fi環境に接続されたPC/Macにこのアプリをインストールすることで、同じWi-Fi環境に接続されたiOSデバイスの「dspMixFx UR-C」アプリからDSPの操作が可能です。

●『UR816C』
・奥行きがコンパクトになり、モバイル性が向上(「UR824」:275mm →『UR816C』:225.8mm)
・ワードクロックを含むデジタル入力段に、独自のジッターリダクション機能「SSPLL」搭載
・デジタル出力の8chマイクプリとして使用できる「HAモード」搭載



▲UR22C リアパネル


▲UR44C リアパネル


▲UR816C リアパネル

【Steinberg / UR22C】
■発売日:2019年10月3日(木)
■価格 :16,200円+税

buy_now


【Steinberg / UR44C】
■発売日:2019年10月3日(木)
■価格 :30,600円+税

buy_now


【Steinberg / UR22C Recording Pack】
■発売日:2019年10月3日(木)
■価格 :29,700円+税

buy_now


【Steinberg / UR816C】
■発売日:2019年11月
■価格 :56,700円+税

buy_now

Social

Tweet