2倍の音量でダンス系音色を追加|エンターテイナーキーボード|KORG、「EK50 L」を発表!

NAMM SHOW 2020 シンセサイザー トップページ1 新製品情報
KORGから「EK50 L」が発表されました。



「EK50 L」は、エンターテイナーキーボード「EK-50」の2倍のボリューム感を実現した大音量スピーカーを搭載し、最新のダンス・ミュージックに対応したサウンドを追加。またブラックのラバー塗装を施しています。



【特徴】
■ 高級感溢れるラバー塗装による仕上げ。
■ 最新のダンス・ミュージックに対応したサウンドを追加。
■ スピーカー内蔵、譜面立て/AC アダプター付属ですぐに楽しめる
■ 無料バンドルソフトが付属


 
クラスを超えた響き、仕上げを実感



誰でも手軽に楽しめる、自動演奏機能で人気のキーボード、EK-50 に上位モデルが登場しました。カフェや小規模のイベン
トに本体だけで対応可能な、PA システム要らずの大音量スピーカーを搭載。
EK-50 譲りの幅広いジャンルに対応するサウンドに加えて、大きなスピーカーの魅力を最大限に発揮する、最新のダンス・ミュージックに対応したサウンドやバッキング・スタイルを追加。外装もブラックのラバー塗装で手触りの良い上質な仕上げになっています。

■倍のボリューム感を実現した大音量スピーカー。
自動伴奏機能付きで気軽に演奏・レッスンができると評判のEK-50。初心者から上級者まで幅広い人気を誇るこの製品の上位モデルが登場しました。最大の特徴はPA システム要らずの大音量スピーカーで、EK-50 と比較して2 倍のボリューム感(※)を実現しました。またEK-50 同様に電池駆動も可能で、この大音量を手軽に持ち出して演奏することができます。
※スピーカー能率レベル(SPL)による比較。

■高級感溢れるラバー塗装による仕上げ。
EK-50 L の外装は上位モデルに相応しい、高級感のあるブラックのラバー塗装で仕上げ、パネルの文字は見やすい赤と白の2色印刷になっています。スタイルの切替やフィル、アンサンブルなど、通常のキーボードに比べ操作のためにパネルに目が向くことが多いEK-50 L ですが、見やすい文字と落ち着いた色彩のパネルが安心感を与えます。

■最新のダンス・ミュージックに対応したサウンドを追加。
EK-50 譲りの幅広いサウンドに加えて、新しいサウンド/バッキング・スタイルを追加。「プリセット・サウンド」を87 個、「プリセット・ドラムキット」を18 個、4 つのパートを組み合わせた「キーボード・セット」を24 個、それぞれEK-50のプリセットに加える形で追加し、より多彩な演奏を可能にしました。またバッキング・パターン「スタイル」も10 個追加。

■音楽ソフトウェアを無料バンドル。
EK-50 L には、曲を作るだけでなくAI によるマスタリングができる「Ozone Elements」、キーボード演奏の上達に役立つ「Skoove」、DAW ソフト「Reason Lite」に加え、コルグやその他ブランドのソフトウェア・シンセまで、多数の音楽ソフトウェアが最初から付いてきます。
このキーボードを手に入れることによって、あなたの音楽をレベルアップさせるさまざまなツールを手に入れることができるのです。



【主な仕様】
鍵盤:61 鍵 タッチ・コントロール:ソフト(軽め)、ミディアム(標準)、ハード(重め)、フィックス(固定)
音源:ステレオPCM 音源
最大同時発音数:64 ボイス
サウンド:790 のサウンド、59 のドラム・キット(GM 互換のサウンド・セット含む)
キーボード・セット:200
スタイル:290 プリセット 2 イントロ、4 バリエーション、2 フィル、1 カウント・イン/ブレイク、 2 エンディング、シンクロ・スタート/ストップ、タップ・テンポ
デモ・ソング:19 曲
スピーカー・システム:アンプ:10W x 2
スピーカー:120 mm ダブル・コーン・スピーカー x 2(バスレフ・ボックス方式)
スピーカー能率(SPL):94dB(1W、1m)※
※EK-50 の2 倍のボリューム感。

電源:AC アダプター(付属)、単3 形電池(アルカリ乾電池またはニッケル水素電池) x 8(別売)
電池寿命:アルカリ乾電池使用時:約7 時間
消費電力:8W(待機電力0.1W)
外形寸法(幅 x 奥行き x 高さ):994 x 392 x 132 mm(譜面立てを含まず)
譜面立てを含めた高さ:329mm

【KORG / EK-50L】
■発売日:2020年2月
■価格 :47,800円+税 前後を予定

●予約受付前の仮予約及びお問い合わせは、各店舗まで直接お願いいたします。


【関連記事】
280種以上のスタイルで自動伴奏をサポート!|KORG、「EK-50」を発表!
【試奏レポート】KORGが新市場開拓を狙うエントリーキーボード「EK-50」




Social

Tweet