KRK、ニアフィールド・モニタースピーカー「CLASSIC 5」を発表!

PA機器 トップページ1 新製品情報
KRKから「CLASSIC 5」が発表されました。

KRK「CLASSIC 5」は、50WのClass-ABパワーアンプ、5インチのグラスアラミド・コンポジットウーファー、1インチのソフトドームツィーターを組み合わせたニアフィールド・モニタースピーカー。

入力端子はバランスXLR、TRS、アンバランスRCAに対応します。部屋の環境に応じて、それぞれ4段階の調整が可能なHF(高域)およびLF(低域)LEVEL ADJUST、そして-30dBから+6dBレンジのボリュームノブを搭載しています。さらにフロントのバスレフポートにより、豊かな低域の再生をサポートします。



【主な特長】
●最適化されたウェーブガイドを備えたソフトドームツィーターは、35kHzまで自然かつ明瞭な高域を提供
●軽量なグラスアラミド・コンポジットウーファーにより、クリアなミッドレンジとタイトな低域を実現
●+2dB KRK Bass Boostによるローエンドの拡張性は、世界中のミュージッククリエーターから高い評価を獲得
●HF(高域)およびLF(低域)のレベルコントロールにより、環境や好みに合わせてサウンドを調整
●モニターの底面に貼られたフォームパッドにより、アイソレータ効果が得られ明瞭度が向上
●アクティブ2ウェイ電子回路により、高ヘッドルームかつ低ノイズの増幅を実現
●前面のバスレフポートとレゾナンスフリーのキャビネットにより、音の明瞭度が向上
●システムに最適化されたオートリミッターは、予期せぬピークによるスピーカーの損傷を抑制
●あらゆる入力端子に対応(バランスXLR、TRS、アンバランスRCA)
●30年以上のイノベーション経験を持つモニターメーカーが米国で設計
●歪みと不要な色付けを最小限に抑える低共振エンクロージャー
●カスタムClass-ABアンプ

【技術仕様】
●周波数特性: 46Hz - 34.5kHz(+3/-10dB)
●最大SPL: 101dB
●アンプ: Class-AB 出力50W
●寸法: 188mm x 284mm x 246mm(横 x 高さ x 奥行き)
●重量: 5.9kg

【KRK/CLASSIC 5】
■発売日:2020年7月3日(金)国内出荷開始
■価格 :16,000円+税(1台)

buy_now

Social

Tweet