6オペレーターの “オルタード” FMシンセサイザー|KORG、「opsix」を発表!

シンセサイザー トップページ1 トップページ4 新製品情報
KORGから「opsix」が発表されました。



「opsix」は、新開発の6オペレーターの音源を備えた新しいデジタル・シンセサイザー。代表的なクラシックFMシンセサイザーと同じ6オペレーターのFM音源構造を持ちながら、決して再現ではなく、大胆なリイマジンを行っています。

多彩なウェーブフォーム、FMにとらわれないオペレーター・モード、サブトラクティブ・シンセシスを融合したフィルター…。難解であるはずのFMシンセに、直感性の種を植え、さらに創造性を花開かせる。それはFMでありながらシンプルなアナログのようであり、さらに複雑なモジュラー・シンセのようでもあります。opsixは、見通しが良くしかも広大な、音を探求するフィールドへとプレイヤーを導きます。



さらに意外な発見を望む人には、ランダム機能があります。「ダイス」(サイコロ)のアイコンが入ったボタンを押すと、ランダマイゼーション機能により新たなサウンドを生成。ランダムはサウンド全体だけでなく、オペレーターやアルゴリズム、あるいはシーケンスというように、一部だけをランダムにすることも可能です。ランダムで生成したサウンドを使うだけでなく、さらなる音作りの出発点として利用するなど、使い方は自由自在です。



【特徴】
■新開発の6オペレーターFMシンセシス。
■OPERATOR MIXERでダイレクト・アクセス。
■DATA ENTRYエンコーダーでフル・エディット。
■FMシンセを拡張する、5つのオペレーター・モード。
■40のプリセット・アルゴリズムと、ユーザー・アルゴリズム。
■3つのEG、3つのLFO、12系統のバーチャル・パッチによる広範なモジュレーション。
■MS-20やPolysixなど、11種類の強力なフィルター。
■3系統、30種類の高品位なエフェクト。
■スペクトラム・アナライザーとオシロスコープによる視覚的エディット。
■強力な16ステップ・ポリフォニック・シーケンサー。
■予測不能なランダマイズ。
■フェイバリット機能とスムーズ・サウンド・トランジション機能。
■37鍵キーボード搭載のコンパクトなデザイン。



【KORG/OPSIX】
■発売日:2020年11月 28日(土)
■価格 :69,900円+税

buy_now

Social

Tweet