アナログ4ボイスパラ/ポリフォニックシンセ|BEHRINGER、「MONOPOLY」を発表!

シンセサイザー トップページ1 新製品情報


BEHRINGERから「MONOPOLY」が発表されました。



「MONOPOLY」は、37フルサイズキー、4 VCO、VCF、2 LFO、2エンベロープ、シンク、クロスモジュレーション、アルペジエーターなどの機能を備えたアナログ4ボイスパラ/ポリフォニックシンセサイザー。

1980年代はエレクトロニック・ミュージックにとって素晴らしい10間年でした。ヴィンス・クラークのようなアーティストやデペッシュモードのようなバンドは、シンセサイザーを大きな効果に使用し、ジャスト・カン・ゲット・イナフやピープル・マースなどのヒット曲を生み出しています。
彼らが使用していたのは、3年間だけ生産され、現在では真のコレクターズアイテムとなっているMonoPolyシンセ以外の何物でもありませんでした。
そんなMONOPOLYがBehringerから再現。



【特徴】
●オーセンティックスタイルの4 VCOデザインを備えたアナログシンセサイザー
●モノラル/ユニゾン/ポリフォニックモードを備えた4 VOICEポリフォニック/パラフォニックデザイン
●ベロシティ機能を搭載した37フルサイズキーボード
●80年代の”オリジナル回路”を再現
●アナログ設計のVCO、VCF、VCA
●1つのVCOにつき、4つの波形とパルスウィズモジュレーションを搭載
●VCOを自動的にチューニングしてくれるオートチューニング機能
●レゾナンスを搭載したクラシックタイプの24dBフィルター
●リードサウンドに複雑なモジュレーションを追加できるクロスモジュレーションとオシレーターシンク
●4つの選択可能な波形と複数のデスティネーションを備えたデュアルLFO
●フィルターとVCA専用のADSRエンベロープ
●一つのキーでコードを演奏可能なコードメモリ機能
●音色を拡張するノイズジェネレーター
●シンク/クロスモジュレーション用にVCO1には独立したピッチモジュレーションを搭載
●フロントパネル角度を3段階で調整可能
●62の操作子により、すべての重要なパラメーターに直接リアルタイムでアクセス可能
●フィルタカットオフ、オシレータピッチ、CV/ゲートなどを制御するための複数のInput/Output
●MIDIチャンネルと音声優先の選択が可能なUSB / MIDIを実装

サイズ:648 x 90 x 361 mm(W x H x D)
重さ:10.3 Kg



【BEHRINGER / MONOPOLY】
■発売日:2021年3月24(水)

buy_now

Social

Tweet