3VCOとマルチモードVCFを備えた8Uのセミモジュラーアナログシンセ|BEHRINGER、「2600」を発表!

シンセサイザー トップページ1 新製品情報
BEHRINGERから「2600」が発表されました。



「2600」は、3VCOとマルチモードVCFを備えた8Uサイズのセミモジュラーアナログシンセサイザー。

1970年代からはさらに多くのミュージシャンが楽器を採用したことにより、これまで誰も聞いたことのないような音楽を作られ、シンセサイザーが更に独自のものになった時期でした。初期のシンセサイザーは数千ドルもする大規模で洗練されたデバイスでしたが、1971年アランR.パールマンとデニスコリンは、ミュージシャン向けに販売できる大規模なARP2500モジュラーシンセのさらにポータブルなバージョンを作成することにしました。このコンセプトから生まれたのがARP2600セミモジュラーシンセサイザーです。これはすぐにヒットし、エドガーウィンター、ピートタウンゼント、ハービーハンコック、ジャンミッシェルジャールなど、多くの有名なミュージシャンによって使用されました。

その象徴的なシンセサイザーへのオマージュが、非常に手頃な価格でさらに機能満載のBehringer 2600という形で提供されます。信じられないほどの使いやすさで、想像できるほぼすべてのサウンドを思い起こさせます。純粋なアナログ信号パスは、70年代の本格的なARP 2600回路に基づいており、マッチングされたトランジスタとJFETが使用されています。



【特徴】
●トリプルVCOデザインにより非常に太いサウンドを作成可能
●マッチドトランジスタとJFETを使用したオリジナル“2600”の回路を忠実に再現
●パッチング無しでも使用できるセミモジュラー設計
●それぞれにLFO切り替え、FM入力、複数の波形出力を備えた3つのVCO
●専用のLow-pass出力を備えた、クラシックな2モードを切り替え可能なマルチモードVCF
●リングモジュレーター、ラグプロセッサー、S&H、シュミットトリガー、エンベロープフォロワーなどの幅広い機能
●切り替え可能なタイムファクターを備えたADSR/ARエンベロープジェネレーター
●リアルなデジタルスプリングリバーブエミュレーション
●可変式カラー切り替えを備えたノイズジェネレーター
●パルス波とサイン波2つの出力を備えたLFO
●レンジ切り替え可能なポストフィルターディストーション(PFD)やインバーターオプション付きのボルテージプロセッサー
●リニアおよびエクスポネンシャルコントロールの両方の差分入力(+/-)を備えたVCA
●アッテネーター、ミキサー、インバーター、スルーレートリミッター、4Wayマルチプルなどの追加機能
●外部オーディオ入力
●58のフェーダーと15のボタンですべてのパラメーターにリアルタイムでアクセス可能
●究極の柔軟性を提供する83のパッチ入出力
●専用レベルコントロールを備えたヘッドフォンアウト
●MIDIチャンネルと音声優先の選択が可能なUSB / MIDIを実装
●国内正規輸入品に限り3年間の保証


サイズ:482 x 356 x 108 mm(W x H x D)
ラックユニット:標準19 inchラック(95HP)、8Uサイズ
重さ:5.1Kg



【BEHRINGER / 2600】
■発売日:2021年3月24日(水)


buy_now

Social

Tweet