☆はじめての電子ピアノ☆

特集
みなさんこんにちは(^∀^)御茶ノ水本店デジタル担当の品川です。
今回私がお送りするのは、はじめての【電子ピアノ】です。

前回の【シンセサイザー】で鍵盤系のパートをやるにあたり、
「やっぱりピアノタッチがいいし、シンセサイザーみたいに音色はそんないにいらないなぁ~」
とお考えの方もいるでしょう!

そんな方にお勧めの【電子ピアノ】をご紹介いたします!今回は人気のこちらの2機種に絞ってご紹介していきたいと思います!

YAMAHA P-45 BK
p45bk

YAMAHA P-115 BK/WH
p115bk

p115wh

P-45・P-115の鍵盤は共にグレードハンマースタンダード(GHS)鍵盤黒鍵マット仕上げとなっており、低音部分では鍵盤を重く、高音部分では鍵盤を軽くしているのでよりリアルなピアノタッチになっています。また、黒鍵はマット仕上げなので、アコースティックピアノのタッチに迫る本格的なピアノ演奏ができます!

P-45は音色をボタンひとつで替えられ、「GRAND PIANO/FUNCTION」ボタンを押しながら所定の鍵盤を押すことで音色の変更や、デモ音源の再生、メトロノームなどを設定できます。

p45bk2

しかも、こちらのボタン以外、余計なものがついておらず、すごくシンプルなつくりになっているので、【ピアノの音だけでいい!】という方にもお勧めです!価格も、新品のピアノタッチ鍵盤を搭載している中では、すごくリーズナブルです☆


一方、P-115は色が【黒or白】の2種類あります。同時発音数はP-45が64音なのに対して、P-115は192音なので、ペダル操作のときに音の響きがなくならないのに加え、音の厚みが違います!それによって、音切れのない、よりアコーステックピアノに近いサウンドで演奏が出来ます。

p115-3

さらに、サンプリングされている音源が違うのでピアノタッチが一緒でも聴こえるサウンドが違うのです。P-115には、「リアル・グランド・エクスプレッション( RGE )スタンダード音源」 を改良した「リアル・グランド・エクスプレッション( RGE )スタンダードⅡ音源」を搭載しているので、全体的な音量感が増し、より迫力のある演奏が可能です。

p115-2

また、音色切り替えボタンが目の前にあるので音色切り替えがやりやすいです!さらに、P-115には本体に録音か可能なので練習にも最適です。


ちなみに、どちらの電子ピアノも、後付で専用スタンドを取り付けることが可能で、据え置きピアノのようにもできます☆

P454

p115-4

※アコーステックピアノのように3つのペダルにしたいなら、P-115のみ対応ですので、ご注意ください。


そんなこといっても、数字やスペックだけじゃサウンドはわかりませんよね(^u^;)なので動画見てみてください!

YAMAHA P-45


YAMAHA P-115


さらに、こちらのピアノ以外にも何種類か機種をご用意しておりますので、是非イシバシ楽器御茶ノ水本店にいらしてください!また、ご来店いただけなくても電話にて対応できますので、お気軽にご連絡ください!

この記事を書いた人

品川 弥矢
御茶ノ水本店デジタルフロア専任スタッフ。 持ち前の笑顔を武器に、日々ファンを増やしている。 趣味は音楽鑑賞(JAZZ・SOUL・R&B etc) トランペット奏者として活動していた経験があり。 初めて楽器を購入したい貴方に合った機材をご提供いたします。

Social

Tweet