Pioneer DJからモノフォニック・アナログ・シンセサイザー「TORAIZ AS-1」が発表されました。

NAMM SHOW 2017 シンセサイザー トップページ1 トップページ4 新製品情報
Pioneer DJからDave Smith Instruments社との協業関係をさらに深め、伝説的なポリフォニック・アナログ・シンセサイザー Prophet-5 の設計思想を受け継ぐ Prophet-6 をもとに共同開発したモノフォニック・アナログ・シンセサイザーTORAIZ AS-1が発表になりました。

toraiz-as-1-main-n

サウンドの核となるシンセシス・エンジンは、Dave Smith Instruments社Prophet-6 のアナログ・ディスクリート回路をベースに共同開発されています。三角波、鋸(ノコギリ)波、矩形波の連続可変が可能な2基のVCOを搭載し、そこで生成された複雑な倍音成分を持つ波形は Prophet-6 と完全に同じ2基のVCFによって劇的に変化します。

toraiz-as-1-front-angle-new

シンセシス・エンジンは2VCO、2VCF、1VCA、2EG、1LFOで構成されており、豊かな音色のバリエーションを実現しています。その全てのパラメーターの設定はプログラムとして本体に保存することができ、いつでも作りこんだサウンドにスピーディーにアクセスできます。

toraiz-as-1-rear-new

495種類のファクトリー・プリセット・プログラムと、プログラムごとに独立した 64-STEP SEQUENCER のパターンを内蔵しているので、新しいサウンドを生み出すインスピレーション・ツールとして活躍します。これに加えて、最大495種類のユーザープログラムを保存できます。また、クイックプログラムとして最大13プログラムをキーボードの各鍵盤にアサインし、簡単に呼び出すことができます。

toraiz-as-1-angle

作った音色をすぐに演奏できるタッチパッド式の KEYBOARD を搭載しています。また、21種類の音階の中から選択した音階に従って、白鍵にアサインされているノートが変化する SCALE MODE を組み合わせることで、音楽理論の知識がなくても、KEYBOARD に感覚的に触れるだけで新しいフレーズを作ることができます。

sequencer

7種類のパラメーターをマルチアサインできるタッチパッド式の SLIDER を搭載しています。2基のオシレーターのピッチを同時に変化させたり、エフェクトのかかり具合を変化させるといったダイナミックな音色変化を生み出すことができます。

【Pioneer / TORAIS AS-1 (TAS-1)】
■発売日 :2017年3月17日(金)
■価格 :55,000円

buy_now


【関連記事】
アナログシンセサイザー「TORAIZ AS-1」を発表!|NAMM2017・ブースレポート -Pioneer DJ-

Social

Tweet