FM音源搭載のマルチティンバー・シンセ|Elektron、「Digitone」を発表!

NAMM SHOW 2018 シンセサイザー トップページ1 新製品情報
Elektronから「Digitone」が発表されました。



「Digitone」は、パワフルさとユーザーフレンドリーを両立したFM音源を特長とした、8ボイスのデジタルシンセサイザー。

本質を損なうことなく扱いやすく現代的にアレンジされたFM音源から始まり、クラシックな減算式シンセシスへと続くシグナルフローを持っており、非常にユニークなサウンドを構築することができます。

このFMサウンドジェネレーターはクリアで効果的なサウンドデザインが可能。ノブをすこし回すだけでおもしろく音楽的な変化をしていきます。



Digitoneにはワールドクラスで評価されているElektronシーケンサーも搭載。内部シンセサイザーをコントロールするためのトラックを4系統、そして外部MIDI機器をコントロールするためのトラックも4系統搭載しています。



シーケンサーは手早く和音やスケールに沿ったメロディを作成できるよう最適化されています。個々のトリガーの発音確立などを設定するトリガーコンディションも搭載。トラックごとに個別の長さを設定することも可能です。複雑でありながらも音楽的なパターンを簡単に生み出していくことができます。



【仕様】
<シンセ・ボイスの特長>
○最大同時発音数:8
○複数のFMアルゴリズム
○1 x マルチモードフィルター(ボイス毎)
○1 x Base/Width可変のバンドパスフィルター(ボイス毎)
○1 x オーバードライブ(ボイス毎)
○1 x アサイナブルLFO(ボイス毎)

<シーケンサー>
○4 x 内部シンセトラック& 4 x 外部MIDIトラック
○1 x アルペジエーター(トラック毎)
○ポリフォニックシーケンス
○トラック毎に設定可能なパターンレングス(最大64ステップ)
○パラメーターロック
○マイクロタイミング
○トリガーコンディション(発音確立の設定など)
○ステップごとに音色の切り替えに対応

<センド&マスターエフェクト>
○パノラマコーラス(センドエフェクト)
○サチュレーターディレイ(センドエフェクト)
○超空間リバーブ(センドエフェクト)
○オーバードライブ(マスターエフェクト)

新しい音作りのテリトリーを求めるサウンドの探究家に最適な選択肢となりそうな新モデルです。

【Elektron/Digitone】
■出荷開始日:2018年2月2日
■価格   :84,900円(税込)

buy_now

●問い合わせはこちら。「DTMersを見た」と書いていただけるとスムーズです。

Social

Tweet