PreSonus、USB 3.0オーディオインターフェース「Studio 192 Mobile」がいよいよ発売!

DTM トップページ1 新製品情報
今年のNAMM SHOWでも出品され話題になっていたUSB 3.0オーディオインターフェース「Studio 192 Mobile」がいよいよ国内でも発売となります。

Studio_192_Mobile-08

「Studio 192 Mobile」は、プロフェッショナル・モニタリングとミキシング・コントロールをコンパクトに凝縮。

◆内蔵DSPとStudio One® Artist(付属)のプラグインが完全にリンク
録音時はDSP、再生時はコンピューター内のプラグインで処理。ハイブリッドFAT Channel ではオーディオデーターに一切影響を与えること無く、リアルタイムにパラメーターを変更、モニターできるので、パンチイン/ アウトでサウンドが変わることはありません。もちろん“ かけ録り“ も可能です。レベルおよびパンのコントロールを提供するゼロレイテンシー・モニター・ミックス(Z-Mix)にもStudio 192 Mobile/DP88 のXMAX プリアンプ・コントロールが新しく追加されました。

◆アナログI/O を最大16 x 16 拡張!
Studio 192 Mobile にDigiMax DP88 プリアンプ/ コンバーターを最大2 台接続。合計18 基のXMAX プリアンプをStudio One 上のZ-Mix 又はUC Surface からリモート・コントロールが可能です。シームレスな拡張とクラスA アナログ回路のクオリティを同時に提供します。

◆iPad、Mac、タッチコントロール可能なPC からリモート・コントロール!
StudioLive™ RM 用のコントロール・ソフトウェアとして定評のあるUC Surface でStudio 192 Mobile をコントロール。ボタン、フェーダー、パラメーター・ボックスのコントロール対象、メーター表示が一目で分かります。ハイクオリティのモニター・ミックスをすばやく簡単に作成でき、レコーディングやパフォーマンスの作業に迅速に戻ることができます。

Studio_192_Mobile-07

【主な特徴】
● 超低レイテンシー、24-bit/192 kHz のUSB 3.0 オーディオ・インターフェース(USB 2.0 に下位互換)
● 最大22 入力および26 出力を48kHz で同時ストリーム ― または192 kHz 時で4 入力8 出力が可能
● Burr-Brown 製コンバーターの118dB デジタル変換による完璧なアナログ・シグナル・パス
● 内蔵DSP によるStudioLive™ Fat Channel プロセッシングでゼロレイテンシー・モニタリング *1
● Studio One® でXMAX™ プリアンプのリモート・コントロール、ゼロレイテンシー・モニター・ミックスを作成 *2
● フロント・パネル、UC Surface からアクセス可能なヘッドホン・キューでモニターするヘッドホン・ミックスを選択可能
● UC Surface からアクセス可能なモノ、ディム、ミュート、レベル・コントロール、トークバック
● リモート・コントロール機能搭載のDigiMax DP88 アンプ・コンバーターを追加してI/O を拡張可能
● 革新的なPreSonus のデジタル・オーディオ・ワークステーションStudio One® Artist のライセンス付属
*1 全てのアナログ及びADAT11-18(11-14@96 kHz)入力
* 2 サードパーティ製DAW では、PreSonus の先進的ソフトウェアUC Surface を使用して、スピーカー・スイッチングやMIDI 経由のStudio 192
Mobile プリアンプのリモート・コントロールでゼロレイテンシー・ミックスを作成可能


プロデューサー、オーディオ・エンジニア、バンド、サウンド・デザイナーまで、使い勝手のよい高品位オーディオインターフェースです。

さらに発売記念として、全国50台限定でFaderPortが付属する特別バンドル品(約17,800円のバリュー)も同時発売となります。

【PreSonus/Studio 192 Mobile】
■発売日:2016年6月22日(水)
■価格 :64,630+税

buy_now

Social

Tweet