イシバシ楽器のすぐそば|次世代型商業施設 新生「渋谷パルコ」がいよいよオープン!

DTMersスタッフブログ トップページ1 店頭スタッフがご案内! 特集
2016年8月から建て替えのため休業していた渋谷パルコが、3年の時を経ていよいよ2019年11月22日グランドオープンとなります!

ビルは、商業施設だけでなく、オフィスや劇場も備える地上20階、地下3階立て。商業施設(渋谷パルコ)となるのは、地下1階から地上9階で、出店テナントは、全193店舗!

1969年の池袋PARCO開業から50周年を迎える節目である今年、大きく生まれ変わりました。

イシバシ楽器では、池袋のP'PARCO福岡パルコに出店しておりますが、文化の発信地である渋谷でも古くからのお付き合いがあるのであります。

と、いうことで!

グランドオープンを控える新生「渋谷パルコ」へ、一足先にお邪魔してきました!

DTMerでも、そうでない方も、是非訪れるべきおすすめスポットをご紹介したいと思います。(すべてのショップ様の掲載許可を頂いています)


まず初めに訪れて頂きたいのが、1階の「WAVE」。



なんと400台以上にも及ぶモジュラーシンセが使用された「モジュラーシンセウォール」がそびえます。

「WAVE」と聞いて、「おっ」と思う方も多いかと思います。「音と映像の新しい空間」として、80~90年代を中心に様々な文化を発信する存在だったレコードショップが、オオスミタケシ氏と吉井雄一氏による新プロジェクトとして復活。



圧巻。眺めているだけで癒されます。
12インチレコードサイズにパッケージされたTシャツも販売されています。


WAVEロゴ入りオリジナルグッズも。


ヘルシー志向のトレンドを反映したアーモンドミルクコーヒー。動物性のミルクではなく植物性のアーモンドミルクを使用。昨今の主流でない「ロング缶」が、逆に新しさを感じさせます。


店外の自動販売機でも販売されています。これは、渋谷のレコ屋巡りをする人やクラブで遊ぶ人たちに24時間提供できるように、とのこと。

WAVEのために作られたさまざまなクリエイターによる動画作品を流すモニターは、今後はアーティストのリリースに合わせてPVなども流すPRの場所としても開放予定とのこと。

音楽やファッションだけにとどまらない様々なカルチャーミックスをベースにした「TEST HOUSE(実験室)」として情報を発信していく予定とのことです!引き続き注目しましょう!



WAVEは、旧渋谷パルコのパートⅠとⅢの間「ナカシブ通り」と名付けられた通りにあります。


店内に入り、地下へ降りてみます。



地下1階は、レストランフロアとなっており「カオス キッチン(CHAOS KITCHEN)」と名付けられています。

「うどん おにやんま」や「ジビエと昆虫料理 米とサーカス」など、渋谷初出店のお店があります。所狭しと多くのお店が並んでいる感じが楽しいです。

と、そこに突然、、、



レコードショップの「ユニオンレコード」さん。音楽文化の発信源の渋谷に欠かせない店舗さんです。サブスクリプションも良いですが、是非、ジャケットを手に取りレコードに針を落として音楽を感じてみてください。



なお、レコードを再生するレコードプレーヤー(ターンテーブル)は、イシバシ楽器渋谷店でも買えますので、よろしくお願いいたします!

他にも、フェスグッズショップや、昼は純喫茶「はまの星パーラー」、夜は新宿二丁目発のMixバーというお店なども同フロアもあり、まさに「カオスキッチン」!

続いては5階。



こちらは、「オフラインとオンラインが融合したオムニチャネルショップ」となっています。



「PARCO CUBE」というデジタルサイネージからQRコードを読み取り、パルコ公式オンラインストアから購入可能。各ショップのEC(通販用)在庫と連携しているとのことで、気に入った商品をすぐに購入可能です。

出店店舗の面積は従来の約半分とのことで、同フロアには1つの店舗が小さい分、多くのブランドが出店しています。各店舗は従来ほどの在庫を持たなくて良いメリットもあるようです。
また、一部の店舗では、「CUBE MIRROR」という試着時に後姿のスタイリングを確認できる鏡(ディスプレイ)も設置しているとのこと。すごい。

なんだか新しいお買物体験ができそうです!


続いては6階。ここは、「JAPAN CALTURE」を発信するゾーン。「CAPCOM STORE TOKYO」「JUMP SHOP」「Nintendo TOKYO」「ポケモンセンターシブヤ」などワクワクが止まりません!

こちらは「JUMP SHOP」。







7年ぶりの関東常設店となる「JUMP SHOP」では、悟空とルフィが元気よくお出迎え。渋谷店限定商品の他、先行商品も多数用意しているとのこと。


続いて「Nintendo TOKYO」。



国内初となる「Nintendo Tokyo」。ニューヨークとイスラエルにある直営店が、遂に日本でもオープン。













「マリオブラザーズ」「どうぶつの森」「スプラトゥーン」「ゼルダの伝説」、それぞれグッズの仕上がりが非常に良い!散財してしましそうです!

最後に「ポケモンセンターシブヤ」。




いまにもガラスを破って飛び出してきそうなミューツー。時々、微妙に動きます。是非ここで記念撮影を。


スワロフスキーとコラボしたピカチュウ、お値段30万円とのこと!


残念ながら、モンスターボールは非売品とのことです。



▲8階に設置された「P」。旧渋谷パルコ・パート1のネオンサインが飾られているそう。


▲10階屋上広場からの眺望。ヒカリエと先日開業したスクランブルスクエアが見えます。


「FASION」「ART&CALTURE」「ENTERTAINMENT」「FOOD」「TECHONOLOGY」5つの構成要素がミックスされた次世代型商業施設 「渋谷パルコ」。

高級ブランドからサブカルチャー、アートはもちろん、テクノロジーを活用した実店舗の未来提案までが今ここに。

この「何でもある感」というか、何となく整然としない(実際はしてるんですが)ある種の「ごった煮感」が、実に「渋谷らしいなぁ」と感じます!

是非一度、新生「渋谷パルコ」に足を運んでみてはいかがでしょうか!?

(「イシバシ楽器渋谷店」へのお立ち寄りもお忘れなく!!)

Social

Tweet