好評のワイヤレスヘッドホンのVer.2|audio-technica、「ATH-M50xBT2」を発表!

PA機器 トップページ1 新製品情報
audio-technicaから「ATH-M50xBT2」が発表されました。



「ATH-M50xBT2」は、世界が認める音響パフォーマンスをワイヤレスで実現したヘッドホン。アップグレードモデルの“Version2”となります。

■M50x 専用ドライバーで受け継がれる音質
独自に開発した45mm 大口径ドライバーと専用アンプにより、幅広い周波数帯域で卓越した透明感を実現し、深く正確な低音域を再現します。

■原音に忠実な音を導くDAC& ヘッドホンアンプ
AKM 社製Hi-Fi DAC&ヘッドホンアンプ(AK4331)を採用。96kHz/24bit に対応し、LDAC の高音質コーデックで伝送された音源を高解像度再生します。

■低ノイズ・低歪を実現するルビコン社製PML-CAP コンデンサー
高級アンプなどで使われるオーディオグレードのコンデンサーを超小型化した、チップタイプの薄膜高分子積層コンデンサーをDAC&ヘッドホンアンプ(AK4331)の電源回路部に採用。電流が安定することでノイズや音歪みの発生を抑え、純度の高い音を再現します。

■ハイレゾ相当の高音質が聴けるLDAC コーデックに対応
最大96kHz/24bit に対応し、広帯域・高ダイナミックレンジにより、ロスレスに近い音質を再生します。そのほかAAC/SBC コーデックにも対応しています。

■音と映像のずれを抑える低遅延モード(Low Latency Mode)
スマートフォンやタブレットで動画視聴やゲームプレイをする際に、音の遅延の少ない再生をお楽しみいただけます。低遅延モードの切り替えはアプリで行います。

■クリアな通話を実現するビームフォーミング技術
ヘッドホンの筐体の2箇所に、小型の高性能MEMS(Micro Electro Mechanical Systems)マイクをレイアウト。その2 つのマイクを利用したビームフォーミング技術により、周囲の雑音が多い環境にあっても相手に明瞭な声を届けることができます。

■自然な通話をサポートするサイドトーン機能
通話する際は、マイクを通して自分の発した声や周囲の音が聞けるため、ヘッドホンを着けたままでも密閉度合いが軽減されます。必要以上に声が大きくならず、ヘッドホンを着けていないときに近い感覚で話すことができます。



【その他特徴】
■通話中に不要な音を拾わないマイクミュート機能
■2台のBluetooth 機器へ同時接続できるマルチポイントに対応
■毎日がより便利で楽しくなるAmazon Alexa* に対応
■わかりやすいボタン操作
■Android デバイスとの接続時に便利なFast Pair 対応
■有線接続にも対応
■オートパワーオフ機能
■最大約50 時間再生
■急速充電に対応
■専用アプリ「Connect」に対応





【audio-technica / ATH-M50xBT2】
■発売日:2021年9月24日(金)
■税込価格:21,800円

buy_now


Social

Tweet