Pioneer、39,800円のターンテーブル「PLX-500-K」「PLX-500-W」を発表!

DJ トップページ1 新製品情報
Pioneerからターンテーブルの「PLX-500-K」「PLX-500-W」が発表されました。

plx-500-k-front
▲PLX-500-K ブラック

plx-500-w-front
▲PLX-500-W ホワイト

価格が、¥39,800(税込)と非常にお手ごろながら、ダイレクトドライブ仕様なのでリスニングだけでなく、スクラッチを含むDJプレイにも対応します。

plx-500-w-setcut-dm-40
▲同じく新発売のスピーカー「DM-40W ホワイト」との組み合わせ

上位機種「PLX-1000」譲りの高音質設計で、針先からPHONO/LINE出力までの経路を最短に設計することで、アナログレコードの本来持つ音質を忠実に再現しているとのこと。

plx-500-k-rear
▲出力はPHONO/LINEに両対応、パワードスピーカーと直接接続も可能です。またUSB端子を搭載しアナログレコード音源をコンピューターに取り込みデータ化も可能。

plx-500-w-jacket
▲レコードジャケットを立てかけられるダストカバー


「ターンテーブルを使ったDJレコードを始めてみたい。」
「アナログレコードサウンドを手軽に家で楽しみたい。」


そんな方に最適な「PLX-500-K」「PLX-500-W」の登場です。


【Pioneer/PLX-500 各色】
■発売日:2016年9月上旬
■価格 :36,852+税

buy_now


【関連記事】
Pioneer、リーズナブルな4インチアクティブモニター「DM-40」を発表!

Social

Tweet