私の愛して止まない名器(5)、Roland SYSTEM-100 MODEL-101

シンセサイザー ヴィンテージシンセフォトギャラリー 店頭スタッフがご案内!
いつもお世話になっております。渋谷店の冨山(とみやま)でございます。

本日も、私の愛して止まない名器、ご紹介させていただきます。

本日は、こちら!



SYSTEM-100 MODEL-101 と言うモデルになります。

SYSTEM-100は、1975年に発表され伝説となっているセミ・モジュール式のシステム、

その鍵盤部ユニット/モノフォニック・シンセ、ユニット101となります。

SYSTEM100、ユニット101はSYSTEM100の基本となる37鍵の鍵盤を持つモデルで、

標準的な機能、VCO、VCF、VCA、ADSR、ノイズジェネレータを装備しています。

SYSTEM100の中でも、独立したシンセとして楽しむことが可能な一台です。



こちらは前に紹介しました「KORG MS-20」などと同様、パッチングによる

音色のエディットが可能となっております。なんと発売されたのはMS-20より4年も前で、

日本では非常に斬新、且つ先駆的な機種だったのです。

また、VCOのフリケンシーがツマミで可変できるのですが、この幅が非常に大きく、

地を揺らすような超低音からキンキンな超高音まで、連続可変できるのも魅力です。

鍵盤を弾きながら、このツマミを上から下まで一気に回転させれば「ギュイーーーン!!!」と

ものすごい音を鳴らすことが可能。激しく、でも品のあるサウンドで、効果音作成に最適です。



そう、音質としては、SH-101よりも太く煌びやかで、リードシンセにオススメです。

SH-101やJUNO-106とはまた違う、でも確かにRolandのサウンドです!良い!



こちらには専用のハードケースが付属いたします。



こちらも渋谷店店頭にてお試しいただけます。

ぜひぜひ、ご来店くださいませ。




さて、もう一つお知らせです!

渋谷店のシンセコーナーがリニューアル!!致しました!!!













くわしくはこちらで紹介しております。

是非ご覧くださいませ!!




また、ヴィンテージシンセを集めたフェアを開催中!!


よろしければこちらも、チェックしてみてください。

↓↓↓
VINTAGE KEYBOARD & BEAT MACHINE FAIR 開催中!!



最後までご覧頂き、ありがとうございました。

この記事を書いた人

冨山 大助
渋谷店サブマネージャー兼デジタル部門担当。入社以来約20年、デジタル機器一筋で販売/仕入に従事、シンセサイザー、DAW/レコーディング機器、PA機器、DJなど、新旧の機材に精通。中古/ヴィンテージ楽器の販売/買取にも力を入れている。

Social

Tweet