オリジナルスペックで復刻!|Neumann、「U67」を発表!

NAMM SHOW 2018 PA機器 トップページ1 新製品情報 特集
Neumannから「U67」の再発売が発表されました。



「U67」は、1960年にNeumannが発表した、当時としては画期的な3つの指向性切り替えができる真空管マイク。

Neumannと言えば、「U87」(現行機種はU87Ai)が、商業スタジオの定番機種となっていますが、「U67」はトランジスタ型が主流になる前の真空管型のマイク。

真空管ならではの、ミッド帯域が前に出る、より押しの強いサウンドが特徴で、実機を所有するスタジオでは、かなりの稼働率といいます。



1960年代当時、実用性と効率が求められる中、「U67」は、「U77」「U87」へとモデルチェンジし、現代へと繋がっていきますが、世界定番の「U87」同様に、「U67」もリファレンスに相応しいオールマイティに使えるサウンドも特徴です。



復刻する「U67」は、カプセル(K67)、トランスなど主要部は、オリジナルと同じ仕様を採用。新しい電源となるNU67 Vは、オリジナルのU67マイクとも互換性があるとのことです。





トランジスタでないノイマンの復刻。発売は、2018年春以降とのこと。

●問い合わせはこちら。「DTMersを見た」と書いていただけるとスムーズです。

Social

Tweet