チューブアンプの真のトーンをどこでも、どんな音量でも|Universal Audio、リアクティブタイプのロードボックス「OX」を発売!

トップページ1 新製品情報
Universal Audioから「OX」が発売となります。

「OX」は、OXはチューブギターアンプが本来持つサウンドを小さな音量でも実現できるリアクティブタイプのロードボックス。音質はそのままでチューブアンプの真のトーンをどこでも、どんな音量でも鳴らすことを可能にしています。

さらにUniversal AudioがUADプラグインで培ったRIG(リグ)機能によって、キャビネット、マイキング、ルーム、さらにはスタジオ機器をシミュレートした高品位のスタジオサウンドも得られるので、レコーディングツールとしても活躍してくれます。




■世界最高クラスのリアクティブロードボックス

Universal Audio社の誇る長年蓄積されたアナログハードウェアに関する豊富なノウハウにより、アッテネーション量に関係なくチューブアンプのトーン、ダイナミクス、フィーリングを保持するリアクティブロードボックスを完成させました。
チューブギターアンプがOX を本当のスピーカーとして「認識する」ことが、エンジニア達の目標でした。連続可変するインピーダンスとレスポンスにより、アンプが持つトーンの低下やダイナミクスが失われるようなことはありません。


■完璧なギターレコーディングシステム
RIG機能を使用すると、エミュレートされたスピーカーキャビネット、クローズマイク、アンビエントルームマイク、最大4つを同時使用可能なスタジオエフェクトを含む完璧なセットアップを素早く選択することが可能(フロントパネルに装備された6ポジションノブで瞬時に切り替え可能)。
極限までドライブさせたアンプを世界水準のレコーディングスタジオで録音し、その空気感までも吹き込むという実際のワークフローをOXだけで実現します。

■ダイナミックスピーカーモデリング
Universal Audio社が誇るこのモデリング技術により、本物のチューブアンプのトーンに欠かせない成分であるスピーカーのブレイクアップ、ドライブ、コーンクライをエミュレート。OXアプリ内の“SPEAKER DRIVE”パラメーターで、実際のスピーカーキャビネット内で起きる現象、いろいろなタイプのスピーカーに於いて特定の周波数や音量レベルによって生じるハーモニクスや複雑な影響をダイナミックに調節できます。これは単なるインパルスレスポンスのシステムでは不可能なことです。

■使い勝手の良いソフトウェアアプリケーション
OX Softwareアプリによって、iPad や Mac からWi-Fi経由でOXのすべてのRIG設定をスムーズかつ直感的にコントロールすることができます。数多くのプリセットを調整、保存、呼び出しが簡単に行えます。お気に入りのトーンは6つまでを OX 本体フロントパネルのRIGノブに保存することができるので、スタジオやギグで本体のみで素早くリコールができます。

■さまざまな機材との接続性

OX はドライブさせたチューブアンプを使って静かに練習したいときなどに便利なヘッドフォンジャックの他、様々な種類のレコーディングやライブユースに応えられる接続性を備えています。RCAとオプチカルTOSLINKによるステレオS/PDIFデジタルアウトや、フロントパネルからのレベルコントロール可能なバランスTRSステレオラインアウトによってスタジオモニター、DAW、あるいはライブミキシングコンソールへの入力に必要な接続を提供します。

【Universal Audio/OX】
■発売日:2018年2月15日(木)
■価格 :148,000+税

buy_now

Social

Tweet