多様に変化するウェーブ・シーケンシング「2.0」音源搭載|KORG、「wavestate」を発表!

CES2020 シンセサイザー トップページ1 トップページ4 新製品情報
KORGから「wavestate」が発表されました。



サンプル波形が刻々と変化し、かつてないサウンドを実現するウェーブ・シーケンスを世界に発信した伝説のシンセサイザー、Wavestation。コルグのフラッグシップ・モデルのOASYS、KRONOS では、ウェーブ・シーケンスを発展させ、濃密で変化に富んだパッド系サウンドや、リズム系サウンドなどで独自の音世界を構築してきました。

そして、コルグのデジタル・シンセシスのネクスト・ステップが登場します。それが、wavestate です。大胆にリアレンジしたウェーブ・シーケンシング2.0 を搭載し、驚異的で千変万化のサウンドを、わかりやすいコントロールで実現しました。

ノスタルジックな復刻からは距離を置くwavestate は、モジュラー・シンセやグルーヴ・ボックス、アルゴリズミックな作曲法など多様なソースから曲作りのヒントを得ている新世代のミュージシャンのために、まったくの新設計で開発したモデルです。フルサイズ37 鍵のコンパクトなデザインは、ステージやスタジオ、デスクトップなど、あらゆる環境で簡単にセッティングできます。

 
ウェーブ・シーケンシング2.0



Wavestation では、ウェーブ・シーケンスの各ステップにデュレーション(長さ)、サンプル、ピッチを割り当てることができました。これによりキャッチーなパターンが作れましたが、パターンは延々と繰り返すだけの再生方法でした。単に繰り返すだけではなく、再生方法をもっとオーガニックに、予想外の方法で変化させられるとしたら…?

ウェーブ・シーケンシング2.0 では、タイミングとサンプル、そしてメロディ(ピッチ)を別々のトラックに分離しましたので、それぞれを個別にコントロールできます。また、シェイプやゲート・タイム、ステップ・シーケンサー・バリューといった新たな要素も追加しました。このそれぞれを「レーン」と呼び、各レーンは別々のステップ数をはじめ、スタートやエンド・ポイント、ループ・ポイントを設定できます。



ノート・オンでシーケンスがスタートし、各レーンからの情報でサウンドが構成されます。サンプルは別々のデュレーション、ピッチ、シェイプ、ゲート・タイム、ステップ・シーケンサー・バリューで発音する場合もあります。また、各レーンのスタートやエンド、ループ・ポイントをベロシティやLFO、エンベロープ、Mod ノブなどのコントローラーで個別にモジュレーションさせることもできます。これにより、コードの各音が別々に変化していくサウンドも作り出せます。

また、リアルタイム・コントロールで各レーンのステップの順序をランダム化させることも可能です。さらに、0~100%のプロバビリティをモジュレーションすることにより、ステップをランダムにスキップさせることもできます。こうして得られるサウンドは、リアルタイム・コントロールで刻々と変化するオーガニックなものになります。また、4 系統のアルペジエイターでウェーブ・シーケンスを変化させることもできます。

 
高い表現力をイージーに。異例なほどディープに。




パネル一面に広がるノブやコントローラーは、音のディープな探求への入口です。ベーシックなフィルター、エンベロープ、LFO、エフェクトは専用コントローラーとしてパネル面に装備。8 つのプログラマブルのMod ノブはほぼすべてのサウンドでカスタマイズでき、様々な使い方ができます。ノブをリアルタイム・コントロールとして使用できるほか、エディットした結果を新たなサウンドとしてセーブすることもできます。ピッチ・ベンド、モジュレーション・ホイール、独自のベクター・ジョイスティックに加え、これらのコントローラーで多次元的なリアルタイム・コントロールが行えます。

よりディープな音作りにも対応できます。ほぼすべてのパネル上のノブや画面上のパラメーターはモジュレーションが可能で、ウェーブ・シーケンスのステップを個別にモジュレーションさせることもできます。また、モジュレーション信号にクォンタイズやスムージング、カービングなどの変化を付けることができるMod プロセッサーも内蔵しています。

 
ランダムの刺激も


もっと刺激が欲しいという方には、「ダイス」(サイコロ)のアイコンが入ったボタンがあります。このボタンを押すと、インテリジェント・ランダマイゼイション機能により新たなサウンドを生成します。ランダムはサウンド全体だけでなく、フィルターやウェーブ・シーケンスのサンプル・レーン、あるいはエフェクトというように、一部だけをランダムにすることも可能です。ランダムで生成したサウンドをそのまま使う以外にも、さらなる音作りの出発点として利用するなど、使い方は自由自在です。

 
豊富なエフェクト



wavestate のエフェクトは、そのままレコーディングに使える高品位エフェクト群です。各レイヤーで3 系統のエフェクトが使用でき、パフォーマンスではマスター・リバーブとパラメトリック・イコライザーが使用できます。コンプレッサーやEQ、コーラス、フランジャー、フェイザー、ステレオ・ディレイなどのスタンダードなエフェクトから、ウェーブ・シェイ
パーやトーキング・モジュレーター、リバース・ディレイ、マルチバンド・モジュレーション・ディレイなど特徴的なエフェクトやOASYS に搭載されていたOverb、さらにVOX ギターアンプ、VOX ワウ、マルチヘッド・テープ・エコーや、オーセンティックなギター・エフェクト・ペダルのモデリング・エフェクトも内蔵しています。

 
欲しいフィルターをチョイス



アグレッシブなMS-20 のローパス/ハイパス・フィルターや、ストロングかつスウィートなPolysix ローパス・フィルターでヴィンテージ・テイストをプラスしたり、レゾナント2 ポール、4 ポールのローパス、ハイパス、バンドパス、バンドリジェクトのフル・コレクションから欲しいフィルターをチョイスできます。さらに、フィルター・タイプの枠を超えたコルグ独自のマルチ・フィルターで、複数タイプのフィルター・サウンドのブレンドが刻々と変化していくサウンドを作り出すこともできます。

 
膨大なサンプル、ステレオ64 ボイス



各種シンセシス・パワーのすべてを投入して、同時に使えるのは1 つのサウンドだけとお考えの方、そんなことはありません。リッチで複雑な変化に富んだプログラムを、パフォーマンスとして最大4 レイヤーまで同時使用することができます。もちろん、レイヤーの1 つ1 つに独自のエフェクトとアルペジエイターも使用できます。他にもベクター・エンベロープやジョイスティック・ミックス、パラメーターのモジュレーションもレイヤーごとに使用できます。


 
4倍の多彩さ



各種シンセシス・パワーのすべてを投入して、同時に使えるのは1 つのサウンドだけとお考えの方、そんなことはありません。リッチで複雑な変化に富んだプログラムを、パフォーマンスとして最大4 レイヤーまで同時使用することができます。
もちろん、レイヤーの1 つ1 つに独自のエフェクトとアルペジエイターも使用できます。他にもベクター・エンベロープやジョイスティック・ミックス、パラメーターのモジュレーションもレイヤーごとに使用できます。

 
セット・リストとスムーズ・サウンド・トランジション


セット・リストは、wavestate のパフォーマンスを演奏する曲順などに合わせて構成しておき、一発操作で切り替えることができる機能で、ライブやリハーサル時に非常に便利です。また、スムーズ・サウンド・トランジションはサウンドの切替時に、前に演奏していたサウンドが音切れすることなく自然に鳴りながら新しいサウンドに切り替わる機能です。

 
幅広い接続性



バランス伝送も可能なステレオ・アウトは、あらゆるレコーディング機器やモニター機器との接続ができ、ヘッドフォン端子は個人練習やステージでのキュー・モニターとしても活用できます。DIN コネクターのMIDI 端子はMIDI 楽器やMIDI対応機器との接続ができます。wavestate はWindows/Mac のUSB-MIDI クラス・コンプライアント機器です。また、コルグ・ウェブサイトから無償でダウンロードできるwavestate ライブラリアン・ソフトウェアも使用できます。

 
カリフォルニアのコルグR&D で開発



コルグR&D はオリジナルのWavestation の開発、OASYS やKRONOS の共同開発をはじめ、その他多くのコルグ製品の根幹部分となる各種テクノロジーの開発を行ってきました。wavestate は、コルグR&D 独自のユニークな視点、驚異的なサウンドとどこまでもディープなフレキシビリティを、最新テクノロジーで開発したモデルです。
オリジナルのWavestation で中心的役割を担ったサウンド・デザイナーのJohn Bowen、John "Skippy" Lehmkuhl、Peter "Ski" Schwartz の3 人に、ベルギーのアーティストAirwave を迎え、そして定評のあるコルグのボイシング・チームがwavestate の素晴らしいサウンド・ライブラリーを作成しました。

また、音楽ソフトウェアを無料バンドル。wavestate には、曲を作るだけでなくAI によるマスタリングができる「Ozone Elements」、キーボード演奏の上達に役立つ「Skoove」、DAW ソフト「Reason Lite」に加え、コルグやその他ブランドのソフトウェア・シンセまで、多数の音楽ソフトウェアが最初から付いてきます。


【仕様】
・鍵盤:37 鍵 (ベロシティおよびリリース・ベロシティ対応)
・音源システム:Wave Sequencing 2.0
・最大同時発音数:64 ステレオ・ボイス
サウンド:240 以上のパフォーマンス、740 プログラム、1,000 ウェーブ・シーケンスユーザー・パフォーマンスを数万保存可能
・構成:パフォーマンス:4 レイヤー、リバーブ、 EQ
すべての編集は、パフォーマンスに保存されます(個別のプログラム、ウェーブ・シーケンスなどとして保存できます
が、必須ではありません)
・レイヤー:プログラム、アルペジエーター、キーおよびベロシティ・ゾーン
・プログラム:ウェーブシーケンス、フィルター、アンプ、プリFX、MOD FX、ディレイ
・フィルター:2-pole LPF、2-pole HPF、2-pole BPF、2-pole Band Reject、4-pole LPF、4-pole HPF、4-pole BPF、4-pole Band Reject、Multi Filter、MS-20 LPF、MS-20 HPF、Polysix
・モジュレーション:コントローラー:Mod Wheel、Pitch Wheel、Vector Joystick X / Y、8x Program / Performance Mod Knobs
・その他のソース:3x Envelopes、Vector Envelope、3x LFO、2x Mod Processors、2x Key Track、Step Sequencer
Lane、Step Pulse、Tempo、Program / Performance Note Count、Program / Performance Voice Count、
Poly Legato、Velocity、Exponential Velocity、Release Velocity、Gate / Gate + Damper、Note-On Trigger
/ Note-On Trigger + Damper、Note Number、Aftertouch / Poly Aftertouch(external MIDI only)、MIDI CC
+/-、MIDI CC +
・デスティネーション:個々の波形シーケンスステップのパラメーターを含む、ほとんどのパラメーターを変調できます。ウェーブシーケンスの長さに応じて、プログラムごとに1,000 を超える潜在的な変調ターゲットが存在する可能性があります。
・エフェクト:Pre FX:デシメータ、グラフィックEQ、ギター・アンプ、モダン・コンプレッサー、パラメトリックEQ、レッド・コンプレッサー、リング・モジュレーター、トレモロ、ウェーブシェイパー
・Mod FX:ブラック・コーラス/フランジャー、ブラック・フェーズ、CX-3 ビブラート・コーラス、EP コーラス、ハ
ーモニック・コーラス、モダン・コーラス、モダン・フェイザー、オレンジ・フェーズ、Polysix アンサンブル、スモ
ール・フェーズ、トーキング・モジュレーター、ビンテージ・コーラス、ビンテージ・フランジャー、ビンテージ/カ
スタム・ ワウ、VOX ワウ
・ディレイ:L / C / R ディレイ、マルチバンドMod ディレイ、リバース・ディレイ、ステレオ/クロス・ディレイ、テ
ープ・エコーリバーブ:アーリー・リフレクションズ、Overb
・Perfoemance EQ:4 バンド・パラメトリックEQ

・入出力:ヘッドフォン(6.3mm ステレオ・フォーン・ジャック)、オーディオ出力L/MONO 、 R (6.3 mm TRS フォーン端子、インピーダンス・バランス)、DAMPER(6.3 mm フォーン端子)、MIDI IN/OUT、USB B 端子

・電源:AC アダプター(DC12V、2500mA)
・消費電力:5 W
・外形寸法(W × D × H):565 × 338 × 92 mm
・質量:2.9 kg
・付属品:AC アダプター、安全上のご注意/保証規定/アフターサービス、クイック・スタート・ガイド
・別売アクセサリー:DS-1H ダンパー・ペダル、PS-1 ペダル・スイッチ、PS-3 ペダル・スイッチ



【KORG/wavestate】
■発売日:2020年2月下旬
■価格 未定


●予約受付前の仮予約及びお問い合わせは、各店舗まで直接お願いいたします。

Social

Tweet