サブ・ハーモニーとポリリズムの形成が可能|moog、「Subharmonicon」を発表!

シンセサイザー トップページ1 新製品情報
moogから「Subharmonicon」が発表されました。



「Subharmonicon」は、サブ・ハーモニーとポリリズムの形成を可能にしたセミモジュラー。「MOTHER-32」「DFAM」に続く新モデルです。



【特徴】
●2つのメイン・オシレーターに対し、それぞれ2つのサブ・ハーモニック・オシレーターを搭載
●サブオシレーターはメインオシレーターに対して1~16の整数で周波数を分割したサブ・ハーモニーを形成
●2系統の4ステップ・シーケンサー搭載(各オシレーターに割り当て。メイン、サブどちらのオシレーターにもルーティング可能)
●これらはクロックを分割しステップのスピードを可変することでそれらを重ね合わせて複雑なポリリズムを形成
●Eurorackフォーマットに対応
●17入力、15出力の合計32ポイントの3.5㎜パッチベイを実装
●moog独自のローパス・ラダーフィルター搭載
●デュアル・エンベロープ・ジェネレーター



【仕様】
SOUND ENGINE:Analog
SOURCES:VCO 1, SUB 1, SUB 2 / VCO 2, SUB 1, SUB 2
FILTER:Self-Oscillating Ladder Filter, Low-Pass, 4-Pole (-24 dB/Octave)
ENVELOPES:VCA EG (Attack, Decay); VCF EG (Attack, Decay)
SEQUENCERS:Analog (x2)
STEPS:4Steps per Sequencer, selectable Quantization
CLOCK:Driven by any and all of the Rhythm Generators
RHYTHM GENERATORS:4
RHYTHM:Derived by dividing the Tempo by an integer value (1-16)
CLOCK:20 BPM to 3,000 BPM (Beats per Minute; 1 Pulse per Quarter-note),
MIDI Clock, EXT CLOCK
PATCHBAY:32 x 3.5mm jacks
INPUTS:17 Input Jacks
OUTPUTS:15 Output Jacks
REAR PANEL:AUDIO: 1⁄4” TRS Headphone or 1⁄4”








【moog / Subharmonicon】
■発売日:2020年6月19日(金)
■価格 :92,000円+税

buy_now

Social

Tweet