「マジカルミライ 2016」企画展@幕張メッセ(1,2ホール)

イベントレポート トップページ1
今年で5年目となる「マジカルミライ 2017」が開幕。



昨年同様、会場は幕張メッセで9月1日(金)~9月3日(日)の3日間の日程で行われます。

「マジカルミライ」は、「初音ミク」を取り巻く創作文化の“今”を発信するイベント。
ライブ会場では、初音ミクが登場し人気曲を歌うことから「ミクさんに会えるイベント」として人気を博しています。

そして、ライブ会場(幕張メッセ 3ホール)すぐ近くの 1,2ホール では、「企画展」も併催(入場料:500円)しています。
初音ミクに関する様々な企業が出展し、ボーカロイドを実際に体験できたり、有名ボカロPのサイン会、グッズ販売など、各種イベントを催しています。


▲メインビジュアルは、イラストレーターのiXimaさんが担当。こちらは等身大フィギュア。


▲YAMAHAが12月に発売を予定する「VOCALOID KEYBOARD」。歌詞をあらかじめ覚えさせ、鍵盤を弾くことでボーカロイド演奏ができる。(試奏レポートはこちら)


YAMAHA「AG-03 MIKU」を使ったニコ生体験コーナー。


▲「初音ミクが住んでいそうな部屋」をTwitterで公募した「ミクの部屋」。カラーリングのもととなったYAMAHAシンセサイザー「DX-7」も。


▲昨年のライブで使用したGretchの「ホワイトファルコン」(左)とYAMAHA「REVSTAR」のミク・カスタマイズモデル(右)。


▲ハチ(米津玄師)氏によるテーマソング「砂の惑星」のMVを上映。


▲設定画や絵コンテも公開。

といった感じで、昨年よりもさらに大きくスケールアップしたマジカルミライの企画展。

今年は、マジカルミライ5周年の節目にあたり、さらに初音ミク誕生10周年も重なり、多くの来場者でにぎわっています!


■初音ミク「マジカルミライ」2017:http://magicalmirai.com/2017/
■VOCALOID KEYBOARD 特設ページ:https://www.vocaloid.com/vocaloidkeyboard/

Social

Tweet