今年ものこりあとわずか…。|2017年 DTMers的「5大ニュース」。

特集
2017年も残り数日。2018年へのカウントダウンが始まっています。
今年も色々ありましたねー。

「こんな製品でたよね!」「あのイベントアツかったよね!!」なんて話題が編集部であがったので、2017年のDTMers的「5大ニュース」を選んでみました!

 
初音ミク10周年&ボーカロイドキーボード発売



2007年8月31日に初代「初音ミク」が発売され、今年は10周年にあたる年でした。5周年を迎えるライブイベント「マジカルミライ」は、大盛況。



YAMAHAからは、ボカロを鍵盤で演奏できる画期的な楽器、ボーカーロイドキーボード「VKB-100」も発売されました。

そんなこんなで、ボーカロイドと歩んだ10年を振り返ったボカロPも多かったはず!

 
さよなら「SONAR」



国内でもユーザー数の多いcakewalkのDAWソフト「SONAR」。親会社のGibsonが「今後、積極的な開発と生産を行わない」と発表したのも今年でした。

以前、Rolandがブランドを持っていた時代から、多くのお客様におすすめしてきただけに筆者個人的にも、とっても残念なニュースでした。

ユーザーへの衝撃も大きく、一時「SONAR」がTwitterのトレンドにあがるほどに。Gibsonには、過去にもDAWメーカーを買収してほどなく終了した「前科」があり、この話題は瞬時に拡散した模様です。

次なる買収先のうわさもあったり、なかったりですが、復活を期待したいところ!

 
Jordan Rudess氏、来店



ドリーム・シアターのメンバーであり、巧みな演奏力から「キーボードの魔術師」とも呼ばれるジョーダン・ルーデス氏が渋谷店に来店。



店頭のキーボード「KROSS-2」「GrandStage」「VOX continental」で、圧巻の演奏を魅せて頂きました。サイン入りの「KRONOS 61」も販売しています。

 
Minimoog Model Dが復刻



「元祖シンセサイザー」とも呼ばれるmoog「Minimoog Model D」の再生産が発表され、国内に入荷したのが今年です。

入荷数に対して、ご予約数が大幅に上回り、半年近くお待ちいただいたお客様もいらっしゃるほど。

10月に輸入元から「これが最後の入荷です」と聞かされていたのに、今月まさかの再入荷があったことにも驚き。今なら在庫がございます。本当に、、、「これが手に入れる最後(のチャンス)です!!」

 
スタンドアロンサンプラーが再起



昨年、Pioneerから「TORAIZ SP-16」が発表されたことが皮切りのようにも思いますが、NAMM SHOWでAKAIから「MPC X」「MPC Live」が発表され、Pioneerからは「DJS-1000」Elektronからは「Octatrack DPS-1 MK II」が登場し、スタンドアロンサンプラーのラインナップが再び厚くなって来たのも今年に様に思います。

他にも、WAVESがこれまで以上に強力なプロモーションを打ってきたことや、モニタースピーカー「GENELEC」に日本法人が立ち上がったことなども話題に上がりました。

また、TM NETWORKの名曲「Get Wild」が発売30周年だったのも今年になりますね。サンレコ企画でリミックス・コンテストも開催され、大いに賑わいました。やはり名曲は色あせません。傷ついた夢も取り戻せます。

2018年も素敵な一年にしていきましょう。

皆様のお役にたてる情報を発信してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

Social

Tweet